助動詞be able toの意味とcanとの違い

助動詞be able toの意味とcanとの違いについて解説します。

be able toの意味は、「~することができる」です。

以下の一般動詞を用いた文をbe able to用いて書き換えてみましょう。

He plays tennis.「彼は、テニスをします。」

be able toも助動詞なのでcanの時と同様に動詞の前に置き、
be able toの後ろに置く動詞を原形にします。

よって、be able toを用いて先ほどの文を書き換えると
以下のようになります。

He is able to play tennis.
「彼は、テニスをすることができる。」

be able toのbeの部分はbe動詞で、
be動詞は主語によって変わるためこの場合はisになります。

また、助動詞の後ろは必ず動詞の原形なので、
主語が三人称単数でも動詞の最後にsを付けません。

この場合、playsとならないので注意しましょう。

否定文と疑問文は、be動詞の文と同じように考えます。

否定文はbe動詞の後ろにnotを付け、
意味は「~することはできない」となります。

よって、先ほどの肯定文を否定文に書き変えると
以下のようになります。

He is not able to play tennis.
「彼は、テニスをすることができません。」

is notの省略形isn’tを用い、以下のように書くこともできます。

He isn't able to play tennis.

疑問文はbe動詞を主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けます。

そして、疑問文の意味は「~することができますか」となります。

よって、先ほどの肯定文を疑問文に書き変えると
以下のようになります。

Is he able to play tennis?
「彼は、テニスをすることができますか。」

答え方はYesまたはNoとbe動詞を用い、以下のようになります。

Yes, he is.「はい、できます。」

No, he isn't.「いいえ、できません。」

ここからは、助動詞canとbe able toの違いについて解説します。

canは普通に「~することができる」という意味で用いられますが、
現在形のis/am/are able toはフォーマルな感じになります。

例えば、普通に「私は、英語を話すことができる。」と言う場合、
I can speak English.というようにcanを用います。

これに対し、I am able to speak English.と言うと、
「私は、英語を話すことができるんだけど。」というように
少しもったいぶった感じになります。

過去形のcouldは、以下の例文のように普通にその能力を持っていて
「~することができた」ということを表します。

I could swim well when I was a child.
「私は、子供の頃上手に泳ぐことができた。」

これに対し、特別な状況の中1回「~することができた」
というような時は以下の例文のようにwas/were able toを用います。

I was able to swim well only at the time of examination.
「私は、試験の時だけ上手に泳ぐことができた。」

will canと助動詞は2つ並べられないので、
未来形はwill be able toを用います。

He will be able to speak English.
「彼は、英語を話せるようになるだろう。」

助動詞be able to[可能]の復習問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)Ken swims fast.をbe able toを用いた文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文に書き換えなさい。

(3)(1)で作った文を疑問文に書き換えなさい。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)Ken is able to swim fast.
  「ケンは、速く泳ぐことができます。」

(2)Ken isn't able to swim fast.
  「ケンは、速く泳ぐことができません。」

(3)Is Ken able to swim fast?
  「ケンは、速く泳ぐことができますか。」

※Kenは人の名前なので、文の途中でも最初の文字は大文字にします。

may 許可「~してもよい」へ | 英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ