助動詞can 可能&能力「~できる」

canの持つ可能と能力の意味「~することができる」
について解説します。

canは助動詞と呼ばれ、文中で動詞の前に置いて、
動詞に意味を加えます(だから動詞を助けると書く!)。

それでは、まず以下の文をみてみましょう。

He plays tennis.「彼は、テニスをします。」

この文は通常の現在形を用いた文で、
「彼がテニスをする」という現在の事実を表しているだけです。

次に、「彼は、テニスをすることができる」
という文を作ってみましょう。

ここで、play「~する」に「~することができる」
の意味を加えるために、助動詞のcanを用います。

以下のように、助動詞canは動詞の前に置きます。

He can play tennis.
「彼は、テニスをすることができる。」

ここで、助動詞の後ろでは必ず動詞は原形になるので、
主語が三人称単数でも動詞の最後にsは付けません。

この文では、playsがplayと原形になっています。

そして、canを用いると「テニスをする」という事実だけでなく、
テニスをする能力があるということも表します。

以下の文は、可能の意味になります。

You can use the room.
「あなたは、その部屋を使うことができる。」

このできるは能力ではなく、
その部屋を使うことが可能であるという意味です。

否定文はcanの後ろにnotを付け、
意味は「~することができない」となり、
ある動作に対する能力がないことを表します。

先ほどの肯定文を否定文に書き変えると、
以下のようになります。

He can not play tennis.
「彼は、テニスをすることができません。」

can notの省略形can'tを用いて、以下のように書くこともできます。

He can't play tennis.

疑問文はcanを主語の前に出し文末にクエッションマーク?を付け、
意味は「~することができますか」となります。

よって、先ほどの肯定文を疑問文に書き変えると、
以下のようになります。

Can he play tennis?
「彼は、テニスをすることができますか。」

答え方はYesまたはNoとcanを用い、以下のようになります。

Yes, he can.「はい、できます。」

No, he can't.「いいえ、できません。」

canの過去形はcould「~することができた」で、
以下は例文になります。

・能力(テニスをする能力を持っていたという意味です。)

He could play tennis.
「彼は、テニスをすることができた。」

・可能(満月を見ることが可能だったという意味です。)

We could see the full moon.
「私達は、満月を見ることができた。」

ここでは、助動詞canの能力と可能の意味について解説しましたが、
おそらくcanの可能の意味は多くの方が知っていると思います。

しかし、canにはこの他に3つの意味があります。

1つの助動詞が複数の意味を持つことがあるので、
それらをしっかり覚える必要があります。

sponsored link

助動詞can 可能「~できる」の復習問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)Ken swims fast.をcan「~することができる」
  を用いた文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文に書き換えなさい。

(3)(1)で作った文を疑問文に書き換えなさい。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)Ken can swim fast.
 「ケンは、速く泳ぐことができます。」

(2)Ken can't swim fast.
 「ケンは、速く泳ぐことができません。」

(3)Can Ken swim fast?
 「ケンは、速く泳ぐことができますか。」

※Kenは人の名前なので、文の途中でも最初の文字は大文字にします。

can 可能性「~でありうる」へ | 英文法解説[助動詞]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ