助動詞can[許可]

canの持つ許可の意味「~してもよい」について解説します。

canの使い方は、可能「~することができる」の
canの時と同じように動詞の前に置き、動詞を原形にします。

実際に、許可のcanを用いた以下の文をみてみましょう。

You can go home.「あなたは、家に帰ってもよい。」

この文は、家に帰ることを許可するということを表しています。

否定文と疑問文の作り方も、可能のcanの時と同じです。

否定文はcanの後ろにnotを付け、
意味は「~してはいけない」となります。

よって、先ほどの肯定文を否定文に書き換えると
以下のようになります。

You can not go home.
「あなたは、家に帰ってはいけない。」

この否定文は、家に帰ることを許可しないということを表しています。

can notの省略形can'tを用い、
以下のように書くこともできます。

You can't go home.

ただ、通常以下のようにmustの否定形
must notか省略形のmustn'tを用います。

You mustn't(must not) go home.
「あなたは、家に帰ってはいけない。」

疑問文は、canを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けます。

そして、疑問文の意味は「~してもいいですか」となります。

よって、先ほどの肯定文を疑問文に書き換えると
以下のようになります。

Can I go home?
「(私は、)家に帰ってもいいですか。」

主語がyouのままだと「あなたは、家に帰ってもいいですか。」
とおかしな意味になるので、この場合主語をI「私」に変えます。

答え方はYesまたはNoとcanを用い、以下のようになります。

Yes, you can.「はい、いいです。」

No, you can’t.「いいえ、いけません。」

許可をとる時は普通「(私が)~してもいいですか」と尋ねるので、
許可のcanを疑問文で用いる時はCan I ~ ?という形で用いられます。

Can I ~ ?という表現は会話でもよく使うので覚えておきましょう。

助動詞can[許可]の復習問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)You use this pen.をcan「~してもよい」
  を用いた文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文に書き換えなさい。

(3)(1)で作った文を疑問文に書き換えなさい。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)You can use this pen.
  「あなたは、このペンを使ってもよい。」

(2)You can't use this pen.
  「あなたは、このペンを使ってはいけない。」

(3)Can I use this pen?
  「(私は、)このペンを使ってもいいですか。」

Can you ~ ? 依頼「~してくれませんか」へ | 英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ