助動詞have to[義務]

mustの持つ義務の意味と同じ意味を持つ
have toについて解説します。

have toも助動詞なので動詞の前に置き、
後ろの動詞は原形になります。

意味は、mustの義務の意味と同じ「~しなければならない」です。

実際に、have toを用いた以下の文をみてみましょう。

You have to hurry.
「あなたは、急がなければならない。」

この文は、急ぐということを相手に義務づける意味になります。

have toは助動詞ですが、
haveの部分は一般動詞なので主語が彼(三人称単数)に変わると
以下のようにhaveをhasに変えなければなりません。

He has to hurry fast.
「彼は、急がなければならない。」

また、助動詞の後ろは必ず動詞の原形なので、
主語が三人称単数でもhave toやhas toの後ろに
置かれている動詞の最後にsは付けません。

よって、主語が三人称単数のHeでもrunsとなりません。

否定文はhave toのhaveの部分が一般動詞なので、
一般動詞の否定文と同じでdon'tやdoesn'tをhaveの前に置きます。

そして、否定文の意味は「~する必要はない」となります。

よって、先ほどの肯定文を否定文に書き換えると
以下のようになります。

You don't have to hurry.
「あなたは、急ぐ必要はありません。」

He doesn't have to hurry.
「彼は、急ぐ必要はありません。」

mustとhave toは肯定文で「~しなければならない」と同じですが、
否定文になるとmust notは「~してはいけない」、
don't(doesn't) have toは「~する必要がない」
と意味が異なるので注意しましょう。

疑問文も一般動詞の場合と同じようにDoやDoesを主語の前に置き、
文末にクエッションマーク?を付けます。

そして、疑問文の意味は「~しなければなりませんか」となります。

よって、先ほどの肯定文を疑問文に書き換えると
以下のようになります。

Do I have to hurry?
「私は、急がなければなりませんか。」

Does he have to hurry?
「彼は、急がなければなりませんか。」

答え方はYesまたはNoとdo、doesを用い、
以下のようになります。

Yes, you do. / Yes, he does.
「はい、急がなければなりません。」

No, you don't. / No, he doesn't.
「いいえ、急ぐ必要はありません。」

助動詞have to[義務]の復習問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)You call him.をhave toを用いた文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文に書き換えなさい。

(3)(1)で作った文を主語をIに変え、疑問文に書き換えなさい。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)You have to call him.
  「あなたは、彼に電話しなければならない。」

(2)You don't have to call him.
  「あなは、彼に電話する必要はない。」

(3)Do I have to call him?
  「私は、彼に電話しなければなりせんか。」

had toとwill have toへ | 英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ