助動詞had toとwill have to

義務の意味を持つmustとhave toの過去形と未来形について解説します。

must「~しなければならない」に過去形や未来形はないので、義務の意味で過去や未来のことを表す時は必ずhave toを用います。

have toの過去形の形は、haveを過去形のhadにしたhad toで、意味は「~しなければならなかった」となります。

実際に、had toを用いた以下の文をみてみましょう。

He had to do it. 「彼は、それをしなければならなかった。」

助動詞の後ろは動詞の原形なので、主語が三人称単数でも動詞の最後にsは付けません。この場合、doはdoesとならないので注意しましょう。

否定文は、had toのhadの部分が一般動詞の過去形なので、一般動詞の過去形の否定文と同じようにdidn'tをhaveの前に置き、動詞を原形に直します。

そして、否定文の意味は「~する必要はありませんでした」となります。

よって、先ほどの文を否定文に書き換えると、以下のようになります。

He didn't have to do it. 「彼は、それをする必要はありませんでした。」

疑問文も一般動詞の疑問文と同じように、Didを文の先頭に置き、文末にクエッションマーク?を付け、動詞を原形に直します。

そして、疑問文の意味は「~しなければなりませんでしたか」となります。

よって、先ほどの肯定文を疑問文に書き換えると、以下のようになります。

Did he have to do it? 「彼は、それをしなければなりませんでしたか。」

答え方は、YesまたはNoとdidを用い、以下のようになります。

Yes, he did. 「はい、しなければなりませんでした。」

No, he didn't. 「いいえ、する必要はありませんでした。」

have toの未来形の形は、未来を表すwillをhaveの前に置いたwill have toで、意味は「~しなければならないだろう」となります。

実際に、will have toを用いた以下の文をみてみましょう。

He will have to do it. 「彼は、それをしなければならないだろう。」

否定文はwillの後ろにnotを付け、意味は「~する必要はないだろう」となります。

よって、この肯定文を否定文に書き換えると、以下のようになります。

He will not have to do it. 「彼は、それをする必要はないだろう。」

will notの省略形won'tを用い、以下のように書くこともできます。

He won't have to do it.

疑問文はwillを主語の前に出し、文末にクエッションマーク?を付けます。

そして、疑問文の意味は「~しなければならないでしょうか」となります。

よって、先ほどの肯定文を疑問文に書き換えると、以下のようになります。

Will he have to do it? 「彼は、それをしなければならないでしょうか。」

答え方は、YesまたはNoとwillを用い、以下のようになります。

Yes, he will. 「はい、しなければならないだろう。」

No, he won't. 「いいえ、する必要はないだろう。」

助動詞had toとwill have toの復習問題にチャレンジ!

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)He must tell the truth.を過去形の文に書き変えなさい。

(2)He must tell the truth.を未来形の文に書き変えなさい。

(3)(2)で作った文を疑問文に書き換えなさい。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)He had to tell the truth.
  「彼は、真実を言わなければならなかった。」

(2)He will have to tell the truth.
  「彼は、真実を言わなければならないだろう。」

(3)Will he have to tell the truth?
  「彼は、真実を言わなければならいでしょうか。」

※mustには過去形や未来形はないため、had toとwill have toを用います。

wouldはwillの過去形へ | 英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link

このページの先頭へ