助動詞must[義務]

mustの持つ義務の意味「~しなければならない」
について解説します。

mustもcanと同じ助動詞なので、
動詞の前に置いて動詞に意味を加えます。

実際に、義務のmustを用いた以下の文をみてみましょう。

He must run fast.
「彼は、速く走らなければならない。」

この文は、速く走るということを相手に義務づける意味になります。

助動詞の後ろは必ず動詞の原形なので、
主語が三人称単数でも動詞の最後にsを付けません。

この場合、runsとならないので注意しましょう。

否定文はmustの後ろにnotを付け、
意味は「~してはいけない」となります。

よって、先ほどの肯定文を否定文に書き換えると
以下のようになります。

He must not run fast.
「彼は、速く走ってはいけない。」

must notの省略形mustn'tを用いて、
以下のように書くこともできます。

He mustn't run fast.

mustn'tは「マスント」と読みます。

疑問文はmustを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けます。

そして、疑問文の意味は「~しなければいけませんか」となります。

よって、先ほどの文を疑問文に書き換えると以下のようになります。

Must he run fast?
「彼は、速く走らなければいけませんか。」

答え方は、Yesの場合はmustを用いて以下のようになります。

Yes, he must.「はい、走らなければなりません。」

「いいえ」と答える場合は、No, he must not.ではありません。

No, he must not.は「いいえ、走ってはいけません。」という
禁止の意味なので、この質問の答えとしては不自然です。

「走らなけれいけませんか。」という質問にいいえで答える時は、
「いいえ、走る必要はありません。」と答えるのが自然です。

よって、Noで答える場合は「~する必要はない」の意味を持つ
don't(doesn't) have toを用いて以下のようになります。

No, he doesn't have to.
「いいえ、走る必要はありません。」

have toはmustと同じ「~しなければなりません」という
意味をの助動詞で、don't(doesn't) have toはその否定形です。

「~しなければなりません」という肯定文ではhave toが用いられ、
mustは規則や説明など書かれた文章で用いられるようです。

have toについては以下のページで詳しく解説しています。

助動詞have to 義務「~しなければならない」

助動詞must[義務]の復習問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)He speaks English.をmust「~しなければならない」
  を用いた文に書き換えなさい。

(2)(1)で作った文を否定文に書き換えなさい。

(3)(1)で作った文を疑問文に書き換えなさい。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)He must speak English.
  「彼は、英語を話さなければならない。」

(2)He mustn't speak English.
  「彼は、英語を話してはいけない。」

(3)Must he speak English?
  「彼は、英語を話さなければなりせんか。」

must 推量「~にちがいない」へ | 英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ