助動詞ought to[当然の推量]

ought toの持つ当然の推量「~するはずだ」
について解説します。

ought toもcanと同じ助動詞なので、
動詞の前に置いて動詞に意味を加えます。

実際に、当然の推量のought toを用いた
以下の文をみてみましょう。

He ought to be there.
「彼は、そこにいるはずだ。」

この文は、彼にはそこにいるということを
話し手が推測しているということを表しています。

助動詞の後ろは動詞の原形なので、
be動詞はisではなく原形のbeになります。

当然の推量のought toが、
否定文や疑問文で用いられているのを見たことがありません。

「彼は、そこにいるはずはない。」という推量の否定文は、
以下のように推量canの否定cannot「~のはずがない」を用います。

He cannot be there.
「彼は、そこにいるはずはない。」

また、「彼は、そこにいるだろうか。」という推量の疑問文も、
以下のようにCan ~ ?「いったい~だろうか」の疑問文を用います。

Can he be there?
「彼は、そこにいるだろうか。」

可能性と推量のcannotについては
以下のページで詳しく解説しています。

助動詞can 可能性と推量

助動詞ought to[当然の推量]の復習問題

問題.以下の問題に答えなさい。

(1)He is in his room.をought to「~するはずだ」
  を用いた文に書き換えなさい。

(2)(1)の問題文を推量のcanを用い否定文に書き換えなさい。

(3)(1)の問題文を推量のcanを用い疑問文に書き換えなさい。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)He ought to be in his room.
  「彼は、彼の部屋にいるはずだ。」

(2)He cannot be in his room.
  「彼は、彼の部屋にいるはずがない。」

(3)Can he be in his room?
  「彼は、彼の部屋にいるだろうか。」

need 必要「~する必要がある」へ | 英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ