助動詞wouldはwillの過去形

willの過去形として用いられるwouldついて解説します。

未来を表すwillに過去形があるの?と
不思議に思う方もいるかと思います。

willが「今からみた未来」を表すのに対し、
wouldは「過去のある時点からみた未来」を表します。

実際に、willとwouldを用いた以下の文をみてみましょう。

I think (that) he will go there.
「私は、彼がそこに行くと思います。」

I thought (that) he would go there.
「私は、彼がそこに行くと思いました。」

wouldもwillと同じ助動詞なので、
wouldの後ろには動詞の原形を置きます。

that「~ということ」は接続詞で省略することができます。

それでは、この2つの文を比べてみましょう。

上の文は、「今からみた未来のある時点」に彼がそこに行く
(だろう)と、私が「今」思っていることを表しています。

よって、「今からみた未来」を表すのでwillを用います。

下の文は「過去のある時点からみた未来」に彼がそこに行く
(だろう)と、私が「過去に」思っていたということを表し、
「過去のある時点からみた未来」を表すのでwouldを用います。

日本語に訳すとwillとwould共に「~だろう」となり、
違いが分かりませんがこれを見極めるポイントがあります。

それは主節(文の中で主となる主語と動詞の組)の動詞、
think「思う」とthought「思った」の部分で、
以下のように考えることができます。

thinkは現在形なので「今」の時点で思っている、
つまり「今からみた未来」のことを思っていること
になるのでwillを用います。

thoughtは過去形なので「過去のある時点」で思っていた、
つまり「過去のある時点からみた未来」のことを思ったこと
になるのでwouldを用います。

助動詞wouldはwillの過去形の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I think (that) it will rain tomorrow.

(2)I thought (that) it would rain yesterday.

(3)He thought (that) she would become a singer.
  ※become「~になる」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「私は、明日雨が降る(だろう)と思います。」

※今日の時点で明日雨が降ると思っていることを表しています。

(2)「私は、昨日雨が降る(だろう)と思いました。」

※昨日の時点で今日雨が降ると思っていたことを表しています。

(3)「彼は、彼女が歌手になる(だろう)思いました。」

※過去のある時点(例えば彼が子供の頃)で、
 彼女が将来歌手になるだろうと思っていたことを表しています。

would 意思「どうしても~しようとした」へ | 英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ