助動詞would[過去の習慣]

wouldの持つ過去の習慣の意味
「よく~したものだ」について解説します。

実際に、過去の習慣のwouldを用いた
以下の文をみてみましょう。

He would often go fishing.
「彼は、(以前)よく釣に行ったものだ。」

助動詞の後ろは必ず動詞の原形なので、
主語が三人称単数でも動詞の最後にsは付けません。

この場合、goesとならないので注意しましょう。

そして、過去の習慣を表すwouldの場合は、
wouldの後ろに「よく(しばしば)」という
意味を持つoftenが付くことが多いです。

また、以下のように過去を表す副詞節が付くこともあります。

He would often go fishing when he was a child.
「彼は、子供の頃よく釣りに行ったものだ。」

過去の習慣を表すwouldを
否定文や疑問文で用いることはできません。

過去の習慣を表すused toの疑問文と否定文を用いますが、
これについては次のページで解説します。

助動詞would[過去の習慣]の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I would go camping when I was a university student.

(2)She would cook dinner when her mother was busy.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「私は、大学生の時よくキャンプに行ったものだ。」

(2)「彼女は、母親が忙しい時によく夕食を作ったものだ。」

※これらの文のように、過去の習慣を表すwouldはwhen ~ と
 過去のある時点を表す文を付けて用いられることもあります。

used to 過去の習慣「よく~したものだ」 | 英文法解説[助動詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ