疑問詞を用いた比較の疑問文

疑問詞を用いた比較の疑問文について解説します。

疑問詞を用いた比較の疑問文の形と意味は、
以下のようになります。

Who(Which) ~ 比較級 , A or B?
「AとBのどちらが~ですか。」

まず、以下の比較の文を疑問文にしてみましょう。

This house is bigger than that one.
「この家は、あの家より大きい。」

この文は、be動詞が用いられているので以下のように
be動詞を主語の前に出せば疑問文になります。

Is this house bigger than that one?
「この家は、あの家より大きいですか?」

これは通常の疑問文ですが、
「この家とあの家では、どちらが大きいですか。」
と尋ねることもあります。

この場合「どちら」を表す疑問詞whichを用い、
疑問文は以下のようになります。

Which is bigger, this house or that one?
「この家とあの家では、どちらが背が大きいですか。」

答え方は、文章を作る必要はなく
以下のようにどちらなのかだけ答えます。

This house is. 「この家です。」

「どちら」を表す疑問詞は物の場合にはWhichを用いますが、
人の場合には以下のようにWhoを用います。

Who runs faster, Ken or Takeshi?
「ケンとタケシのどちらが速く走りますか。」

答え方は以下の通りです。

Takeshi does.「武です。」

また、この場合runの繰り返しを避けるためにdoesを用います。

疑問詞を用いた比較の疑問文の復習問題

問題.以下の日本語の意味になるように英文を作りなさい。

(1)「この本とあの本では、どちらが難しいですか。」

(2)「彼と彼の弟では、どちらが明日早く起きるでしょうか。」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)Which is more difficult, this book or that one?

(2)Who will get up earlier tomorrow, he or his brother?

比較級を用いた慣用表現へ | 英文法解説[比較]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ