theを付けてはいけない最上級

theを付けてはいけない最上級について解説します。

通常、最上級を文中で用いる場合には、
以下のように形容詞や副詞の最上級の前にtheを付けます。

This lake is the deepest of the five.
「この湖は、5つの中で一番深い。」

次に、以下の最上級を用いた文をみてみましょう。

This point is deepest in this lake.
「この湖の中で、このポイントが一番深い。」

今度は、最上級deepestの前にtheが付いていません。

複数の中で「一番」という時は最上級にtheを付けますが、
1人の人や1つの物の中での性質で「一番」という時には
theを付けません。

This lake is the deepest of the five.

まず、この文では「5つの湖の中で」と複数の中で
「一番深い」ということを表しているので最上級にtheを付けます。

This point is deepest in this lake.

それに対し、この文では1つの池の中での深さという性質を比べ、
ある地点が「一番深い」ということを表しているので
最上級にtheを付けてはいけません。

これは、慣用表現を除いた最上級の表現で、
唯一theを付けない形なので注意しましょう。

以下のように、副詞の最上級の前のtheは省略可能であって
付けてはいけないということはありません。

He can swim (the) fastest in our class.
「彼は、私達のクラスで一番速く泳ぐことができます。」

theを付けてはいけない最上級の復習問題

問題.以下の日本語の意味になるように英文を作りなさい。

(1)「私は、世界中で一番幸せ(者)です。」

(2)「私は、彼女と一緒にいる時が一番幸せです。」
  ※when I am with her「彼女と一緒にいる時」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)I am the happiest in the world.

世界の他の人(複数)と比べて一番ということを
表しているので最上級にtheを付けます。

(2)I am happiest when I am with her.

私という1人の人の中で「幸せ」という状態が
一番(最高)になるということを表しているのでtheを付けません。

(a) most + 形容詞 + 名詞へ | 英文法解説[比較]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ