何と何を比較しているのか?[同格偏]

同格表現で何と何を比べているのか?
について解説します。

これは、同格や比較の文を作る時に
私達日本人が混乱しやすい部分です。

それは、同格は形容詞や副詞の
原級をas asではさむと覚えており、
何と何を比較しているのかについては
深く考える習慣が身に付いていないからです。

同格や比較の文を作る時には、
「何」と「何」を比べているかをしっかり考えないと
正しい文章を作ることができないことがよくあります。

例えば、「彼は、私と同じ年だ。」という同格を表す
英文を作る時に、以下の2つの文で迷ってしまいます。

He is as old as I.
He is as old as me.

ここでは、まずこの文を例にとり解説していきます。

実は、この同格文は以下の2つの事柄を比べています。

He is old. 「彼は、年をとっている。」
I am old. 「私は、年をとっている。」

そして、1つの文中で比べるために
この2つの文を繋ぐ必要があります。

その時に同格で繋ぐ場合asを用いて
以下のようになります。

He is old as I am old.

同格のas asの後ろのasは、
2つの文を繋ぐ接続詞のような働きをしています。

そして、この場合「年」を比べて
「同じくらい」ということを表したいので、
同格を表すasをoldの前に置いて以下のようになります。

He is as old as I am old.
「彼は、私が年をとっているのと同じ位年をとっている。」

ここで、日本語でも英語でも
同じ言葉の繰り返しは避けるのでoldは消します。

また、amもhe isの部分から
be動詞だと容易に推測できるので省略し、
完成した文は以下のような文になります。

He is as old as I.「彼は、私と同じ年だ。」

amを消す理由としては、今は「彼」と「私」という比較対照が
分かればいいのでamは必要ないということも言えます。

ただ、この文では以下のようにmeを用いることもあるようです。

He is as old as me.

次に、「彼は、私と同じ位多くの本を持っています。」
という文を考えてみます。

この場合、同格はas asで挟むと覚えていると
He has books as many as I haveという文を
作ってしまうことがよくありますが間違いです。

この文は、以下の2つの事柄を比べています。

He has many books.
「彼は、多くの本を持っています。」

I have many books.
「私は、多くの本を持っています。」

そして、この2つの事柄を1つの文中で比べるため、
同格で繋ぐ場合に接続詞的な役割を果たすasを用いて
以下のようになります。

He has many books as I have many books.

この後がポイントです。

「本の多さ」を比べて同じ位と言いたい訳ですから、
以下のようにmanyの前に同格を表すasを置きます。

He has as many books as I have many books.
「彼は、私が多くの本を持っているのと同じ位多くの本を持っています。」

そして、I haveの後ろのmany books
の部分は同じ語の繰り返しとなるので省略され以下のようになります。

He has as many books as I have.
「彼は、私同じ位多くの本を持っています。」

この場合、haveはhasの変形なので同じと考え
以下のように書くこともあります。

He has as many books as I.

ただ、これだと「彼が持っている量(He has)」と
「私(I)」を比べている感じになってしまうので
haveは残しておいた方がよいと思います。

もう1つ「彼女は、彼女の姉と同じ位美しい。」
という文を考えてみます。

この文は、以下の2つの事柄を比べています。

She is a beautiful woman.
「彼女は、美しい女性です。」

Her sister is a beautiful woman.
「彼女姉は、美しい女性です。」

そして、この2つの事柄を比べるため、
asを用いて以下のようになります。

She is a beautiful woman as her sister is a beautiful woman.

この場合、「美しい」度合いを比べて同じ
ということを表しているので、
同格を表すasをbeautifulの前に置いて以下のようになります。

She is a as beautiful woman as her sister is a beautiful woman.

同格を表すasを置く位置に気をつけましょう。

ここで、a(1人の)はwomanに付いているものなので
womanの前に移動し、英文は以下のようになります。

She is as beautiful a woman as her sister is a beautiful woman.
「彼女は、彼女の姉が美しい女性であるのと同じ位美しい女性です。」

最後に、同じ言葉の繰り返しは避けるため
is a beautiful womanの部分を消し、
完成した文は以下のような文になります。

She is as beautiful a woman as her sister.
「彼女は、彼女の姉と同じ位美しい女性です。」

しかし、この文章は文法的には正しいのですが
通常は以下の文章が用いられます。

She is as beautiful as her older sister.
「彼女は、彼女の姉と同じ位美しい。」

何と何を比較しているのか?[同格偏]の復習問題

問題.以下の日本語の意味になるように英文を作りなさい。

(1)「彼は、彼の父親と同じ位たくさんのお金を持っている。」

(2)「彼女は、私の妹と同じくらいかわいい猫を飼っています。」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)He has as much money as his father has.

(2)She has as pretty a cat as my sister has.

何を比較しているのか?[比較偏]へ | 英文法解説[比較]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ