何と何を比較しているのか?[比較偏]

比較表現で何と何を比べているのか?
について解説します。

これは、同格や比較の文を作る時に
私達日本人が混乱しやすい部分です。

それは比較の形を
形容詞や副詞の比較級 + thanと覚えており、
何と何を比較しているのかについては
深く考える習慣が身に付いていないからです。

同格や比較の文を作る時には、
「何」と「何」を比べているかをしっかり考えないと
正しい文章を作ることができないことがよくあります。

まず、「彼は、私より若い。」という
簡単な比較の文を例にとって考えてみます。

何と何を比較しているのかを理解していないと、
以下の2つの文でどちらが正しいのか迷ってしまいます。

He is younger than I.
He is younger than me.

この程度の文なら「比較級 + than」ということさえ
覚えていれば感覚的に作れてしまうかもしれませんが、
実は次のような考え方をしています。

上の比較の文は、以下の2つの事柄を比べています。

He is young.「彼は、若い。」
I am young.「私は、若い。」

そして、この2つの文(事柄)を
1つの文中で比べるために繋ぐ必要があり、
同格ではasを用いましたが比較の場合はthanを用いて
以下のように繋ぎます。

He is young than I am young.

比較表現のthanは2つの文を繋ぐ
接続詞のような働きをしています。

そして、この場合「より若い」と
若さを比較して「より~」ということを表したいので、
youngを比較級のyoungerに変えて以下のような文になります。

He is younger than I am young.

最後に、youngは同じ言葉の繰り返しは避けるため、
amもHe isの部分からbe動詞の繰り返しとなるので
消して完成した文は以下のようになります。

He is younger than I.
「彼は、私より若い。」

※口語ではHe is younger than me.
 ということもあります。

次に、「彼は、日本語より英語を上手に話すことができる。」
という比較の文を例にとって考えてみます。

この文は、以下の2つの事柄を比べています。

He can speak English well.
「彼は、英語を上手に話すことができる。」

He can speak Japanese well.
「彼は、日本語を上手に話すことができる。」

そして、この2つの事柄を比べるために
thanを用いて繋ぎ以下のようになります。

He can speak English well than he can speak Japanese well.
「彼は、日本語を上手に話すことができるより英語を上手に話すことができる。」

また、この場合「より上手」と話す上手さを
比較を比較して「より~」ということを表したいので、
wellを比較級のbetterに変えて以下のような文になります。

He can speak English better than he can speak Japanese well.

最後に、同じ言葉の繰り返しは避けるためthanの後ろの
He can speakとwellは同じ語の繰り返しとなるので消し、
完成した文は以下のようになります。

He can speak English better than Japanese.
「彼は、日本語より英語を上手に話すことができる。」

thanの後ろは必ずHeやIなどの主格ではなく、
何と何を比べているかにより変わるので注意しましょう。

最後に、「今日は、昨日より寒い。」という比較の文を考えてみます。

この文は、以下の2つの事柄を比べています。

It is cold today. 「今日は、寒い。」
It was cold yesterday. 「昨日は、寒かった。」

そして、この2つの事柄を比べるためにthanを用いて繋ぎ、
1つの文にすると以下のようになります。

It is cold today than it was cold yesterday.

また、この場合「より寒い」と寒さを比較して
「より~」ということを表したいので、
coldを比較級のcolderに変えて以下のような文になります。

It is colder today than it was cold yesterday.
「今日は、昨日が寒かったのより寒い。」

ここでthanの後ろのItとcoldは同じ語の繰り返し、
wasも最初のIt isから容易に推測できるため消して
以下のようになります。

It is colder today than yesterday.
「今日は、昨日より寒い。」

以下のように順番を変えたりしないように注意しましょう。

It is today colder than yesterday.

同格表現の場合は並び順が変わることもありますが、
比較表現は基本的にもとの文から並び順を変える必要はありません。

同格で何と何を比較するのか?にいては、
以下のページで解説しています。

何を比較しているのか?[同格偏]

何と何を比較しているのか?[比較偏]の復習問題

問題.以下の日本語の意味になるように英文を作りなさい。

(1)「彼女は、カレーより肉じゃがを上手に作ります。」

(2)「この部屋には、あの部屋よりたくさんの机がある。」
  ※There is(are)~ 「~がある」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)She cooks Nikujaga better than curry.

(2)There are more desks in this room than in that room.

命令文の基礎へ | 英文法解説[比較]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ