目的語に不定詞しかとらない動詞と動名詞しかとらない動詞

目的語に不定詞のみとる動詞と
目的語に動名詞のみとる動詞について解説します。

動名詞は名詞と同じように、
文中で主語、補語、目的語になります。

そして、動詞の目的語になる時に注意が必要です。

例えば、以下のようにlikeの目的語の場合には
不定詞と動名詞の両方を用いることができ意味も同じです。

I like to play soccer.
「私は、サッカーをすることが好きです。」

I like playing soccer.
「私は、サッカーをすることが好きです。」

不定詞と動名詞の両方を目的語にとれる動詞は、
likeの他にstart, begin, loveなどがあります。

ところが、動詞によって不定詞しか目的語にとらないものと
動名詞しか目的語にとらないものがあります。

ここでは、それらの動詞について解説していきます。

まず、不定詞しか目的語にとらない動詞には以下があります。

hope「望む」, plan「計画する」, wish「願う」,
want「欲しい」, decide「決める」, promise「約束する」,
expect「期待する」, agree「同意する」, refuse「断る」

以下の例文をみてみましょう。

I hope to become a soccer player.
「私は、サッカー選手になることを望んでいる。」

この文中で、不定詞to become「なること」は
hopeの目的語になっています。

動名詞becomingも「なること」という意味を持ちますが、
以下のようにhopeの後ろでは用いることはできません。

×I hope becoming a soccer player.

上に挙げた動詞で全てではありませんが、
不定詞のみを目的語にとる動詞の中でよく出てくるもの
なのでしっかり覚えておきましょう。

次に、動名詞しか目的語にとらない動詞には以下があります。

enjoy「楽しむ」, finish「終える」, avoid「避ける」,
practice「練習する」, mind「気にする」, escape「逃げる」,
give up「あきらめる、やめる」

以下の例文をみてみましょう。

I enjoyed playing soccer.
「私は、サッカーをすることを楽しんだ。」

この文中で、動名詞playing「すること」は
enjoyedの目的語になっています。

不定詞to playも「すること」という意味を持ちますが、
以下のようにenjoyの後ろでは用いることはできません。

×I enjoyed to play soccer.

上に挙げた動詞で全てではありませんが、
動名詞のみを目的語にとる動詞の中でよく出てくるもの
なのでしっかり覚えておきましょう。

目的語に不定詞or動名詞しかとらない動詞の復習問題

問題.以下の文で()内から適する語を選びなさい。
   両方正解の場合もあります。

(1)She wants (to become, becoming) a singer.

(2)He finished (to do, doing) his homework.

(3)We started (to play, playing) tennis.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)She wants to become a singer.
  「彼女は、歌手になりたいと思っています。」

「want to + 動詞の原形」の直訳は「~することが欲しい」で、
「~したい」という意味になります。

(2)He finished doing his homework.
  「彼は、宿題をし終えた。」

「finish + 動名詞」は「~することを終える」とするより、
「~し終える」とした方が自然な意味になります。

(3)They started to play tennis.
   They started playing tennis.
  「彼らは、テニスをし始めた。」

startは、不定詞と動名詞の両方を目的語にとることができます。

不定詞と動名詞で意味が異なる動詞へ | 英文法解説[動名詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ