動名詞の慣用表現(1)

動名詞の慣用表現について解説します。

動名詞の慣用表現は、動名詞を含む熟語表現です。

よく用いられるものは11個あり、
ここではそのうちの6個を解説します。

慣用表現は、形と意味を暗記してしまいましょう!

1.feel like ~ing「~したい気がする、~したい気分だ」

I feel like eating sweets.
「(私は、)甘いものが食べたい気分だ。」

feel likeの前に主語、後ろに動名詞を置きます。

2.There is no ~ing「~することはできない」

There is no telling the truth.
「本当のことを言うことはできない。」

文はThere is noで始まり、noの後ろに動名詞を置きます。

この文は、形式主語itを用いた
「It is … to ~ 」構文と同じ意味になります。

It is impossible to tell the truth.
「本当のことを言うことはできない。」

impossibleは「不可能な」という意味なので、
この文を直訳すると「本当のことを言うことは不可能だ。」
となりますが不自然なため上のように言い換えます。

形式主語itを用いた文については
以下のページで詳しく解説しています。

形式主語itを用いた文

3.be worth ~ing「~する価値がある」

This book is worth reading.
「この本は読む価値がある。」

be worthの前に主語、後ろに動名詞を置きます。

be動詞は主語と時制により
is, am, are, was, were, will beに変わります。

4.cannot help ~ing「~せずにはいられない」

I cannot help drinking something.
「(私は、)何か飲まずにはいられない。」

cannot helpの前に主語、後ろに動名詞を置きます。

この文は、以下のように「cannot but + 動詞の原形」
という助動詞canの慣用表現と同じ意味になります。

I cannot but drink something.
「(私は、)何か飲まずにはいられない。」

cannot helpの後ろには動名詞、
cannot butの後ろには動詞の原形がきます。

5.It is no use ~ing「~しても無駄だ」

It is no use crying in front of me.
「私の前で泣いても無駄です。」

It is no useの後ろに動名詞を置きます。

6.Would(Do) you mind ~ing ?「~してくれませんか」

Would you mind closing the door?
「そのドアを閉めてくれませんか。」

Would(Do) you mindの後ろに動名詞を置き、
文全体は疑問文になります。

動名詞の慣用表現(1)の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I feel like going shopping.

(2)There is no going to the party.

(3)This house is worth buying.

(4)I cannot help eating sweets.

(5)It is no use going there now.

(6)Would you mind helping me?

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「(私は、)買い物に行きたい気分です。」

(2)「そのパーティーに行くことはできません。」

(3)「この家は、購入する(買う)価値がある。」

(4)「(私は、)甘いものを食べずにはいられない。」

(5)「今そこへ行っても無駄です。」

(6)「私を手伝ってくれませんか。」

動名詞の慣用表現(2)へ | 英文法解説[動名詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ