不定詞の意味上の主語(for Aとof A)

不定詞の意味上の主語について解説します。

まず、以下の形式主語itを用いた例文をみてみましょう。

It is dangerous to swim in this river.
「この川で泳ぐことは、危険です。」

この文で、例えば「私達にとって」
泳ぐことが危険だということを言いたい時には、
以下のようにfor us「for + (代)名詞の目的格」
を不定詞の前に置きます。

It is dangerous for us to swim in this river.
「私達にとって、この川で泳ぐことは危険です。」

for us「私達にとって」はto swim「泳ぐこと」という
不定詞の主語を表しており(「私達が泳ぐ」という関係)、
不定詞の意味上の主語と呼ばれます。

「子供達にとって」泳ぐことが危険であると言いたい時は、
意味上の主語for childrenを不定詞to swimの前に置いて
以下のようになります。

It is dangerous for children to swim in this river.
「子供達にとって、この川で泳ぐことは危険です。」

childrenは、目的格も形は同じなので
forの後ろにそのままの形で置きます。

形式主語と意味上の主語(for A)を用いた文は、
「It is … for (代)名詞の目的格 to ~ 」という形で
「○にとって~することは…です。」という意味になります。

意味上の主語という言葉が出てきましたが、
不定詞の動作主は「for + (代)名詞の目的格」を
不定詞の前に置くことをまず覚えておきましょう。

通常、不定詞の意味上の主語は
「for + [代]名詞の目的格」とforを用いて表しますが、
「of + (代)名詞の目的格」で表す場合があります。

それは、形式主語itを用いたit is … to ~ という文で
…の部分に人の性質を現す形容詞kind「親切な」などが
置かれている場合です。

以下の例文をみてみましょう。

It is kind of you to help me.
「私を助けてくれるとは、あなたは親切です。」

この文では、it isの後ろにkind「親切な」
という人の性質を表す形容詞が置かれているので、
to helpの意味上の主語はforではなくofを用いて表します。

人の性質を現す形容詞は他に以下のようなものがあり、
これらがIt is … to ~ 構文の…の部分に置かれている場合は、
不定詞の意味上の主語は「of + (代)名詞の目的格」で表します。

・careless「不注意な」

It was careless of him to forget it.
「それを忘れるとは、彼は不注意だった。」

・wise「賢い」、clever「頭がいい」

It is wise of him to solve the question.
「その問題が解けるとは、彼は賢い。」

・brave「勇敢な」

It was brave of him to do it.
「それをするとは、彼は勇敢でした。」

形式主語と意味上の主語(of A)を用いた文は
「it is … of (代)名詞の目的格 to ~ 」という文の形で、
「~するとは、○は…です。」という意味になります。

不定詞の意味上の主語(for Aとof A)の復習問題

問題.以下の文を()内の意味上の主語を加えた文に書き換えなさい。

(1)It is very difficult to master English for a year.(us)
  ※master「マスターする」、for a year「1年間」

(2)It is impossible to get married to her.(him)
  ※impossible「不可能な」、get married to ~「~と結婚する」

(3)It is careless to do such a thing.(him)
  ※such a thing「そのようなこと」

(4)It is wise to pass the text.(the children)
  ※pass the test「そのテストに合格する」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)It is very difficult for us to master English for a year.
 「私達にとって、1年で英語をマスターすることはとても難しい。」

(2)It is impossible for him to get married to her.
 「彼が(にとって)、彼女と結婚することは不可能です。」

(3)It is careless of him to do such a thing.
 「そのようなことをするとは、彼は不注意だ。」

(4)It is wise of the children to pass the text.
 「そのテストに合格するとは、その子供たちは賢い。」

人の性質を現す形容詞carelessとwiseが用いられているので、
(3)と(4)は不定詞の意味上の主語はforではなくofで表します。

形式目的語itを用いた文へ | 英文法解説[不定詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ