独立不定詞

不定詞の重要表現、独立不定詞について解説します。

独立不定詞とタイトルを聞くと「難しそうだな?」
とかしこまってしまいますが、難しくはありません。

独立不定詞は、不定詞を含む熟語表現のようなものです。

独立不定詞には、以下のようなものがあります。

so to speak「いわば」

to be sure「確かに」

to tell the truth「実を言うと」

to begin[start] with 「まず初めに」

これらは、文章全体を修飾する不定詞句です。

句とは複数の単語がセットで1つの意味を表すものです。

例えば、以下の文のto see him「彼に会うために」という部分は
3つの単語がセットで1つの意味を持っています。

I went to London to see him.
「私は、彼に会うためにロンドンに行きました。」

よって、to see himは句で、
不定詞を含んでいる句なので不定詞句となります。

また、役割からみると
この部分は「何のために」ロンドンに「行った」のかと、
動詞を修飾する副詞の役割をしている句で副詞句と呼ばれます。

ここで独立不定詞用いた以下の例文をみてみましょう。

To be sure, he is telling the truth.
「確かに、彼は真実を言っています。」

独立不定詞To be sure「確かに」は、
後ろのhe is telling the truth「彼は真実を言っています」
という文全体にかかっており、文章全体を修飾する句となります。

独立不定詞は上の例文のように文頭に置き、
後ろに続く文に意味を加えます。

他の独立不定詞を用いた例文もみてみましょう。

So to speak, he is a lier.
「いわば、彼は嘘つきです。」

To tell the truth, I love her.
「実を言うと、私は彼女のことを愛しています。」

To begin[start] with, we should do it.
「まず初めに、私達はそれするべきだ。」

独立不定詞は文章全体を修飾する句ですが、
あまり深く考えすぎず熟語表現だと思って、
まず形と意味と使い方をしっかり覚えておきましょう。

独立不定詞の復習問題

問題.以下の文を独立不定詞に注意して日本語に訳しなさい。

(1)To be sure, that singer is popular.

(2)To tell the truth, I told a lie.

(3)To begin[start] with, they need to talk about it.
  ※talk about ~ 「~について話す、~について話し合う」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「確かに、あの歌手は人気がある。」

(2)「実を言うと、私は嘘をつきました。」

(3)「まず初めに、彼らはそれについて話し合う必要がある。」

不定詞を含む慣用表現へ | 英文法解説[不定詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ