使役動詞get + to不定詞とhelp + 原形不定詞

get + to不定詞とhelp + 原形不定詞について解説します。

不定詞の形は「to + 動詞の原形」ですが、
原形不定詞とはtoの付かない不定詞です。

つまり、原形不定詞とは動詞の原形ということです。

通常、原形不定詞は、知覚動詞や使役動詞の後ろで用いられます。

知覚動詞はsee「見る」、hear「聞く」、feel「感じる」
などの人の感覚(五感)に関係する動詞です。

また、使役動詞はmake「させる」、have「させる」、let「させる」
といった人に何かをさせるという使役の意味を持つ動詞です。

原形不定詞を用いる表現について例文をみながら復習してみましょう。

以下は、知覚動詞を用いた例文です。

I saw him play tennis.
「私は、彼がテニスをするのを見た。」

この文のplayの部分は本来to play「~すること」
というように不定詞の名詞的用法の意味を持っていますが、
知覚動詞seeの後ろは原形不定詞になるのでto doではなく
doを用いなければなりません。

文の意味は「私は、彼にその仕事をすることをしてもらった。」では
不自然なので、「私は、彼にその仕事をしてもらった。」とします。

次に、使役動詞を用いた例文をみてみましょう。

I has him do the work.
「私は、彼にその仕事をしてもらった。」

この文のdoの部分は本来to do「~すること」
というように不定詞の名詞的用法の意味を持っていますが、
使役動詞have「~させる」「~しれもらう」の後ろは
原形不定詞がくるのでto doではなくdoを用いなければなりません。

文の意味は「私は、彼にその仕事をすることをしてもらった。」では
不自然なので、「私は、彼にその仕事をしてもらった。」とします。

以下に注意すべき動詞getとhelpを用いた表現について解説します。

まず、getは使役動詞でhaveと同じ
「~させる(非強制的)」「~してもらう」という意味を持ちますが、
getを用いて「Oに~させる」「Oに~してもらう」という意味を表す
時は原形不定詞ではなくget O to ~ とto不定詞を用います。

よって、haveを用いた文をgetを用いた文に書き換えると
以下のようになります。

I had him do the work.
「私は、彼にその仕事をしてもらった。」

→ I got him to do the work.
「私は、彼にその仕事をしてもらった。」

getは使役動詞ですが、to不定詞(この場合to do)
になるので注意しましょう。

次に、helpについて解説します。

helpは知覚動詞でも使役動詞でもありませんが、
後ろに原形不定詞を置くことができます。

以下の例文をみてみましょう。

I helped him to do the work.
「私は、彼がその仕事をするのを手伝った。」

helpは、help O to不定詞 「Oが~するを手伝う」
というように後ろに不定詞を用いることができます。

また、help O 原形不定詞 「Oが~するを手伝う」と
以下の文のように後ろに原形不定詞をおくこともできます。

I helped him do the work.
「私は、彼がその仕事をするのを手伝った。」

helpは、後ろにto不定詞と原形不定詞の
両方を置くことができる動詞です。

使役動詞get + to不定詞とhelp + 原形不定詞の復習問題

問題.以下の文で()内から適する語を選びなさい。

(1)I had him (to help, help) my homework.

(2)I got him (to help, help) my homework.

(3)He helped me (clean, to clean) my room.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)I had him help my homework.
  「私は、彼に私の宿題を手伝ってもらった。」

(2)I got him to help my homework.
  「私は、彼に私の宿題を手伝ってもらった。」

(3)I helped him clean my room.
   I helped him to clean my room.
  「私は、彼が部屋を掃除するのを手伝った。」

※helpの後ろはto不定詞と原形不定詞どちらも置くことができます。

動名詞の形と意味へ | 英文法解説[不定詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ