分詞の形容詞的用法(名詞を前から修飾する場合)

名詞を前から修飾する分詞の形容詞的用法について解説します。

分詞には、現在分詞と過去分詞の2種類があります。

現在分詞の形は「動詞のing形」で、意味は「~している」です。

過去分詞の形は規則動詞の場合「動詞の原形 + ed」、
不規則動詞の場合「動詞の過去分詞形」で意味は「~された」です。

これら現在分詞や過去分詞は形容詞と同じように名詞を修飾し、
これを分詞の形容詞的用法と呼びます。

以下の文では、通常の形容詞tall「背が高い」が
後ろの名詞boy「少年」を修飾しています。

There is a tall boy.
「背の高い少年がいます。」

この形容詞tallと同じように現在分詞は名詞を修飾しますが、
tallを現在分詞sleeping「眠っている」に変えた以下の文では
現在分詞のsleepingがboyという名詞を修飾しています。

There is a sleeping boy.
「眠っている少年がいます。」

次に、過去分詞を用いた例文をみてみましょう。

There is a broken watch.
「壊れた時計があります。」

この文で過去分詞broken「壊された」は、
watchという名詞を修飾しています。

過去分詞は「~された」という意味を持つので、
上の文は直訳すると「壊された時計があります。」となります。

ところが、「壊された時計」という言い方より
「壊れた時計」の方が自然なので上の文のように言い換えます。

ではどのような時に現在分詞を用いて名詞を修飾し、
どのような時に過去分詞を用いて名詞を修飾するのか
について解説します。

それは、分詞の元になる動詞と修飾される名詞の関係です。

例えば、以下の文で、「少年(boy)」は
「眠っている(sleeping)」というように
少年と眠るの間には能動の関係が成り立ちます。

There is a sleeping boy.
「眠っている少年がいます。」

よって、この場合には「~している」という
意味を持つ現在分詞sleepingを用いてboyを修飾します。

これに対して以下の文では、
「時計(watch)」は「壊された(broken)」というように
時計と壊すの間には受動(受身)の関係が成り立ちます。

There is a broken watch.
「壊れた時計があります。」

よって、この場合には「~された」という
意味を持つ過去分詞brokenを用いてwatchを修飾します。

動詞と修飾される名詞の関係が能動の関係なら現在分詞、
受身(受動)の関係なら過去分詞を用いて名詞を修飾します。

ここでは分詞は通常の形容詞と同じように名詞の前に置かれ、
名詞を修飾する場合について解説しました。

分詞を名詞の後ろに置いて名詞を修飾する場合もあり、
これについては次のページで解説します。

sponsored link

名詞を前から修飾する分詞の形容詞的用法の復習問題

問題.以下の()内の動詞の形を変えなさい。

(1)There is a (run) boy.
  ※There is ~「~がいる」

(2)The (close) box is on the table.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)There is a running boy.
  「走っている少年がいます。」

(2)The closed box is on the table.
  「閉められた箱が、テーブルの上にある。」

分詞の形容詞的用法(後ろから修飾)へ | 英文法解説[分詞]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ