分詞の形容詞的用法(名詞を後ろから修飾する場合)

名詞を後ろから修飾する分詞の形容詞的用法について解説します。

分詞には、現在分詞と過去分詞の2種類があります。

現在分詞の形は「動詞のing形」で、意味は「~している」です。

過去分詞の形は、規則動詞の場合「動詞の原形 + ed」、
不規則動詞の場合「動詞の過去分詞形」で意味は「~された」です。

これら現在分詞や過去分詞は形容詞と同じように名詞を修飾し、
これを分詞の形容詞的用法と呼びます。

以下の例文をみてみましょう。

There is a sleeping boy.
「眠っている少年がいます。」

There is a broken watch.
「壊れた時計があります。」

現在分詞sleeping「眠っている」は名詞boyを、
過去分詞broken「壊された」は名詞watchを修飾しています。

sleepingやbrokenは、tall boy「背の高い少年」の形容詞tallや
big watch「大きい時計」の形容詞bigと同じ働きをしています。

また、通常の形容詞はsomething(anything)「何か」など、
一部の名詞以外は名詞の前に置かれて後ろの名詞を修飾します。

先ほど例に挙げたtall boyやbig watchという形になります。

形容詞がsomething(anything)を修飾する場合は、
something(anything) cold「冷たい物(何か)」と
形容詞が後ろに置かれる形になります。

分詞が名詞を修飾する場合は、
ある条件により名詞の前に置かれる場合と
名詞の後ろに置かれる場合があります。

もう1度最初の例文をみてみましょう。

There is a sleeping boy.
「眠っている少年がいます。」

There is a broken watch.
「壊れた時計があります。」

これらの文のように分詞1語(sleepingやbroken)で
名詞を修飾する場合は、名詞の前に分詞が置かれます。

これに対し分詞が他の語とセットになり名詞を修飾する場合には、
名詞の後ろに分詞が置かれます。

以下の例文をみてみましょう。

There is a boy sleeping in a bed.
「ベット寝ている少年がいます。」

There is a watch broken by Ken.
「ケンによって壊された時計があります。」

sleeping in a bed「ベットで寝ている」や
broken by Ken「ケンによって壊された」と
分詞が他の語とセットになって名詞を修飾しています。

このように分詞を含め2語以上セットで
(句になって)名詞を修飾する場合には、
名詞の後ろに分詞が置かれます。

置かれる位置に関係なく、
修飾している名詞との関係が能動「~している」の場合は現在分詞、
受身(受動)「~された」の場合は過去分詞を用います。

名詞を後ろから修飾する分詞の形容詞的用法の復習問題

問題.以下の()内の動詞の形を変えなさい。

(1)The girl (swim) in the pool is my sister.

(2)The CD (buy) by him is on the table.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)The girl swimming in the pool is my sister.
  「プールで泳いでいる少女は、私の妹です。」

(2)The CD bought by him is on the table.
  「彼によって購入されたCDは、そのテーブルの上にあります。」

分詞の叙述用法(主格補語)へ | 英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ