分詞の叙述用法(主格補語)

分詞の叙述用法(主格補語)について解説します。

分詞には、現在分詞と過去分詞の2種類があります。

現在分詞の形は「動詞のing形」で、意味は「~している」です。

過去分詞の形は、規則動詞の場合「動詞の原形 + ed」、
不規則動詞の場合は「動詞の過去分詞形」で意味は「~された」です。

分詞の叙述用法とは、
現在分詞や過去分詞が文中で補語となる用法です。

まず、補語について解説します。

補語とは主語や目的語を説明する言葉です。

ここでは主語を説明する主格補語について解説します。

He is tall.「彼は、背が高い。」

この文はSVCの第2文型で、Heは主語、isは動詞、
tall「背が高い」は主語であるHe「彼」を説明している補語です。

第2文型については、
以下のページで詳しく解説しています。

第2文型[SVC]

この文でHe=tallと考えることができます。

そして、この文中の補語tallは主語Heを
説明している補語なので主格補語と呼ばれます。

補語になれる品詞は名詞と形容詞です。

上の例文ではtallという形容詞が補語になっていますが、
以下のように名詞(この場合teacher)も
補語(He=teacher)になることができます。

He is a teacher.「彼は、先生です。」

現在分詞や過去分詞も主格補語として用いることができます。

以下の例文をみてみましょう。

He sat watching TV.
「彼は、テレビを観ながら座っていた。」

この文の現在分詞watching「観ている」は、
座っていたと同時に彼がテレビを「観ていた」
ということを表しています。

He=watching(彼は観ていた)という関係が成り立っており、
watchingは主語Heを説明している主格補語となります。

そして、この場合現在分詞は「~しながら」という意味になります。

次に、過去分詞を用いた例文をみてみましょう。

He sat surrounded by dogs.
「彼は、犬に囲まれて座っていた。」

この文の過去分詞surrounded「囲まれた」は、
座っていたと同時に彼が犬に「囲まれていた」ことを表しています。

He=surrounded(彼は囲まれていた)という関係が成り立っており、
surroundedは主語Heを説明している主格補語となります。

そして、この場合過去分詞は「~されて」という意味になります。

主格補語の部分に現在分詞と過去分詞のどちらを用いるかは、
主語と補語なる動詞(分詞の元になる動詞)の関係で決まります。

主語と補語になる動詞の関係が「~している」
という能動の関係の場合は現在分詞、
主語が「~された」という受け身の関係の場合は過去分詞を用います。

これは、分詞の形容詞的用法の時と同じです。

この形を作る動詞にはsit「座る」の他に、come, go, stand,
lie「横たわる」, remain「とどまる」, keepなどがあります。

これらの動詞を用いた例を幾つか以下にあげておきます。

She came running toward me.
「彼女は、私の方に走りながら来た。」

この文ではShe=running「彼=走っている」
という関係が成り立っています。

He stood scolded.
「彼は、叱られて立っていました。」

この文ではHe=scolded「彼=叱られてた」
という関係が成り立っています。

I kept waiting for him.
「私は、彼を待ち続けた。」

この文ではI=waiting「私=待っている」
という関係が成り立っています。

keepは「(ある状態に)保つ」という意味なので、
直訳は「私は、彼を待っている状態に保った。」となりますが
不自然なので上のように言い換えます。

keep ~ingで「~し続ける」と覚えておきましょう。

最後に1つ、主格補語として過去分詞を用いる場合に
注意しなければならない点について解説します。

それは、「~する」や「~している」という
意味の過去分詞を用いる場合です。

例えばbe surprised at ~ は、
形は「be動詞 + 過去分詞」で受動態の形ですが
「~に驚く」と能動態の意味になります。

能動態の意味を持つ受動態ついては、
以下のページで詳しく解説しています。

能動態の意味を持つ受動態

過去分詞surprisedの意味は「驚く」や「驚いている」なので、
主格補語としてsurprisedを用いた文は「~されて」ではなく
以下のように「~して」や「~しながら」と現在分詞のような
意味になります。

He sat surprised at the news.
「彼は、そのニュースに驚いて座っていた。」

このような能動の意味を持つ過去分詞には、
他に以下のようなものがあります。

例文と合わせて覚えておきましょう。

・excited
「興奮している、ワクワクしている」

He stood excited about the game.
「彼は、その試合に興奮して立っていました。」
(He=excited「彼=興奮している」)

・satisfied「満足している」

He looked satisfied with the result.
「彼は、その結果に満足しているように見えた。」
(He=satisfied「彼=満足している」)

・pleased「喜んでいる」

He looked pleased with the present.
「彼は、そのプレゼントに喜んでいるように見えた。」
(He=pleased「彼=喜んでいる」)

shocked「ショックを受けている」

He sat shocked at the news.
「彼は、そのニュースにショックを受けて座っていた。」
(He=shocked「彼=ショックを受けている」)

これらは全て主語が「~をしている」という意味ですが、
現在分詞ではなく過去分詞を用いています。

分詞の叙述用法(主格補語)の復習問題

問題.以下の()内の動詞の形を変えなさい。

(1)I sat (read) a book.

(2)He stood (see) by everyone.

(3)They kept (talk).

※主語と補語の関係で現在分詞か過去分詞か決まります。

(4)I stood (surprise) at the animal.

(5)He looked (satisfy) with his new car.

(6)They sat (shock) at the result.

※(4)から(6)は分詞に変える時に注意が必要な動詞です。

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)I sat reading a book.
  「私は、本を読みながら座っていた。」
 ※「私は座って本を読んでいた。」のほうが自然な意味になります。

(2)He stood seen by everyone.
  「彼は、みんなに見られて立っていた。」

(3)They kept talking.
  「彼らは、話し続けた。」

(4)I stood surprised at the animal.
  「私は、その動物に驚いて立っていた。」

(5)He looked satisfied with his new car.
  「彼は、新しい車に満足しているように見えた。」

(6)They sat shocked at the result.
  「彼らは、その結果にショックを受けて座っていた。」

分詞の叙述用法(目的格補語)へ | 英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ