the + 分詞

the + 分詞について解説します。

the + 分詞で「~の人々」という意味になります。

まず、以下の例文をみてみましょう。

There were the singing.
「歌っている人々がいました。」

この文のthe singingの部分は
「歌っている人々」という意味を持ち、
singing peopleと同じ意味になります。

上の例文は、以下の文と同じ意味になります。

There were singing people.

また、この場合sing「歌う」と
people「人々」の関係は「人々=歌っている」と
能動の関係のためsingは現在分詞singingになります。

次に、以下の例文をみてみましょう。

There were the attacked.
「襲われた人々がいました。」

この文のthe attackedの部分は、
「襲われた人々」という意味を持ち、
attacked peopleと同じ意味になります。

上の例文は以下の文と同じ意味になります。

There were attacked people.

また、attack「襲う」とpeople「人々」の関係は
「人々=襲われる」と受身(受動)の関係のため
attackは過去分詞attackedになります。

分詞を用いた表現ではありませんが、
the + 形容詞も「~の人々」という意味を持ちます。

例えば、以下のようなものです。

the rich = rich people
「お金持ちの人々」

the old = old people
「年老いた人々(老人)」

分詞は形容詞と同じような役割をするからか、
the + 形容詞とthe + 分詞は「~人々」と同じ意味になります。

the + 分詞の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)I saw the crying.

(2)I saw the injured in the hospital.
  ※injure「怪我をさせる、傷つける」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「私は、泣いている人々を見ました。」

(2)「私は、病院で怪我をした人々を見ました。」

injuredは「怪我をさせられた」という受身の意味になりますが、
同じ意味なので「怪我をした」と能動態のように訳すほうが自然です。

形容詞を修飾する分詞へ | 英文法解説[分詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ