分詞構文の作り方

分詞構文の作り方について解説します。

分詞構文とは接続詞を用いた文の接続詞を消して、
その代わりに分詞(主に現在分詞)を用いた文です。

例えば、接続詞を用いた文とは以下のような文です。

As he is sick, he is in bed.
「彼は病気なので、今ベッドにいます。」

この文は、接続詞As「~ので」により2つの文
he is sickとhe is in bedが繋げられています。

この文の接続詞Asを消して、
動詞のisを現在分詞のbeingに変えると
以下のような分詞構文になります。

Being sick, he is in bed.

he is sickのheはhe is in bedの文でも用いられており
2回繰り返す必要はないので消去します。

意味は接続詞を用いた文と全く同じです。

接続詞を用いたAs he is sick, he is in bed.から、
分詞構文Being sick, he is in bed.への書き換え手順は
以下の通りです。

1.接続詞を消す。

2.主語が同じ場合は消す。

3.動詞を現在分詞(~ing)にする。

2と3は必ず接続詞にくっついている文に対して行います。

これは、分詞構文の中で一番基本的な形です。

分詞構文には他に主語が異なる分詞構文、否定の分詞構文、
時制の異なる分詞構文、受動態の分詞構文という形があり、
次のページから他の分詞構文について解説していきます。

分詞構文の作り方の復習問題

問題.以下の文を分詞構文に書き換えなさい。

(1)When I visited Ken's house, I took some fruits.

(2)Though he knew the truth, he didn't tell it to me.
  ※though「~だけれども」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)Visiting Ken's house, I took some fruits.
 「ケンの家を訪れた時、私は幾つか果物を持って行きました。」

(2)Knowing the truth, he didn't tell it to me.
 「その事実を知っていたけれども、彼は私にそれを言わなかった。」

(1)のvisited、(2)のknew(過去形)はing形にできないので、
visit、knowにingを付けた現在分詞visiting、knowingになります。

独立分詞構文へ | 英文法解説[分詞構文]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ