否定の分詞構文

否定の分詞構文について解説します。

分詞構文とは接続詞を用いた文の接続詞を消して、
その代わりに分詞(主に現在分詞)を用いた文です。

例えば、接続詞を用いた文とは以下のような文です。

As he was sick, he was in bed.
「彼は病気だったので、ベッドで寝ていました。」

この文は、接続詞As「~ので」により2つの文
he was sickとhe was in bedが繋げられています。

この文は、以下の手順で分詞構文に書き換えることができます。

1.接続詞を消す。

2.主語が同じ場合は消す。

3.動詞を現在分詞(~ing)にする。

この書き換えは必ず接続詞にくっついている文に対して行います。

そして、さきほどの接続詞を用いた文を
分詞構文に書き換えると以下のようになります。

Being sick, he was in bed.

意味は上の文と全く同じです。

これは分詞構文の中で一番基本的な形で、
ここでは否定の分詞構文について解説していきます。

まず、以下の接続詞を用いた文をみてみましょう。

As he was not busy, he went out with his friend.
「彼は忙しくなかったので、友達と出かけました。」

この文は接続詞Asにくっついた文が否定文になっていますが、
分詞構文に書き換える手順は以下のようになります。

1.接続詞を消す。

2.主語が同じ場合は消す。

3.否定語notやneverは~ingの前に残す。

4.動詞を現在分詞(~ing)にする。

上の例文を分詞構文に書き換えてみると、
Asとheを消し、wasはbeingとなりbeingの前に
否定語notを置くので以下のような文になります。

Not being busy, he went out with his friend.

否定語notのみが~ingの前に置かれることに注意しましょう。

また、接続詞にくっついた文のみを書き換えるので
後ろの文はそのままです。

否定の分詞構文の復習問題

問題.以下の文を分詞構文に書き換えなさい。

(1)Bcause I didn't do the work, I was scolded by my boss.
  ※scoldedはscold「叱る」の過去分詞

(2)When he is not busy, he often goes camping.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)Not doing the work, I was scolded by my boss.
  「その仕事をしなかったので、私は上司に叱られました。」

(2)Not being busy, he often goes camping.
  「忙しくない時、彼はよくキャンプに行きます。」

2つの文の時制が異なる分詞構文へ | 英文法解説[分詞構文]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ