2つの文の時制が異なる分詞構文

2つの文の時制が異なる分詞構文について解説します。

まず、以下の接続詞を用いた文をみてみましょう。

As I finished the work, I am satisfied now.
「私はその仕事を終えたので、今満足しています。」

この文では接続詞Asにくっついた文の時制が過去(finished)、
後ろの文の時制が現在(am)と2つの文の時制が異なります。

時制が異なるとは、接続詞にくっついている
文の時制がもう1つの文の時制より1つ古い場合で、
分詞構文に書き換える手順は以下のようになります。

1.接続詞を消す。

2.主語が同じ場合は消す。

3.動詞をHaving + 過去分詞の形にする。

ここでHaving + 過去分詞という形を用いる理由について解説します。

As I finished the work, I am satisfied now.

この文でfinishedをfinishingにしてしまうと、
I amという文の時制と同じ現在ということになり
finishedと時制が過去ということを表せません。

また、過去だということを表したいからといって、
過去形のfinishedにingを付けることもできません。

そこで、I am ~ という文の時制(現在)より1つ古い時制(過去)
を表す印として「having + 過去分詞」という形を用います。

実際に、上の例文を分詞構文に書き換えてみると、
AsとIを消し、finishedの部分はHaving finishedとなります。

よって、分詞構文は以下のような文になります。

Having finished the work, I am satisfied now.

接続詞にくっついた文のみを書き換えるので後ろの文はそのままです。

時制が1つ古いという組み合わせには、
過去と現在の他に現在完了と現在、過去完了と過去があります。

例えば、以下の文は接続詞にくっついた文に現在完了形
(have lived)、もう1つの文に現在形(can)が用いられています。

As I have lived in America for ten years, I can speak English.
「10年間アメリカに住んでいるので、私は英語を話せます。」

現在完了形は過去と今が繋がっているので、
過去を含むということで現在形より1つ古い時制と考えます。

よって、この文を分詞構文に書き換えると以下のようになります。

Having lived in America for ten years, I can speak English.

右側の文の時制(現在)より1つ古い現在完了形であることを
表すために、分詞はHaving livedという形になります。

最後に過去完了形と過去形が用いられた
以下の文をみてみましょう。

Though I had met her, I didn't notice her at the party.
「私は彼女に会ったことがあったけれど、パーティーで彼女に気づかなかった。」

過去完了形は過去より前の時と過去が繋がっているので、
大過去を含むということで過去形より1つ古い時制と考えます。

よって、上の文を分詞構文に書き換えると以下のようになります。

Having met her, I didn't notice her at the party.

右側の文の時制(過去)より1つ古い過去完了形であることを
表すために、分詞はHaving metという形になります。

現在完了形や過去完了形は、以下のページで復習できます。

英文法解説[時制]

2つの文の時制が異なる分詞構文の復習問題

問題.以下の文を分詞構文に書き換えなさい。

(1)Though she was fat five years ago, she is very beautiful now.

(2)As he has been to France twice, he knows about paris well.

(3)Though she had wanted it, she couldn't afford to buy it.
  ※couldn't afford to ~「~する余裕がなかった」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)Having been fat five years ago, she is very beautiful now.
 「彼女は5年前太っていたけれども、今は美人だ。」

(2)Having been to France twice, he knows about paris well.
 「彼はフランスに2回行ったことがあるので、パリについてよく知っています。」

(3)Having wanted it, she couldn't afford to buy it.
 「彼女はずっとそれを欲しかったけれども、買う余裕はありませんでした。」

受動態の分詞構文へ | 英文法解説[分詞構文]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ