受動態の分詞構文

受動態の分詞構文について解説します。

以下の接続詞を用いた文をみてみましょう。

As I was hit by him, I was very angry.
「私は彼に殴られたので、私はとても怒りました。」

この文では、接続詞Asにくっついた文の部分が
受動態(was hit「殴られた」)になっています。

この場合、分詞構文に書き換える手順は以下のようになります。

1.接続詞を消す。

2.主語が同じ場合は消す。

3.動詞を(being) + 過去分詞の形にする。

受動態の形は「be動詞 + 過去分詞」で
be動詞のing形はbeingなので、
分詞構文の場合being + 過去分詞という形を用います。

よって、上の例文を分詞構文に書き換えると
以下のような文になります。

Being hit by him, I was very angry.

接続詞にくっついた文のみを書き換えるので
後ろの文はそのままです。

そして、受動態の分詞構文では以下のように
「being + 過去分詞」のbeingを省略することもできます。

Hit by him, I was very angry.

よって、受動態の分詞構文は過去分詞で始まることがあります。

受動態の分詞構文の復習問題

問題.以下の文を分詞構文に書き換えなさい。

(1)Though she was told a lie by him,
   she believed him.

(2)As he is interested in English,
   he likes reading Egnish books.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)Being told a lie by him, she believed him.
  「彼女は彼に嘘をつかれたけれども、彼女は彼を信じました。」

※Told a lie by him, she believed him.でも正解です。

(2)Being interested in English, he likes reading Egnish books.
  「彼は英語に興味があるので、英語の本を読むことが好きです。」

※Interested in English, he likes reading Egnish books.
 でも正解です。

分詞構文への書き換え(応用)へ | 英文法解説[分詞構文]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ