分詞構文への書き換え(応用)

分詞構文への書き換えの応用について解説します。

接続詞の文から独立分詞構文、否定の分詞構文、
時制の異なる分詞構文、受動態の分詞構文へ
書き換える手順を別々に解説してきましたが、
全ての形に使える書き換え手順があります。

その手順は以下の通りです。

1.接続詞を消す。

2.主語が異なる場合はそのまま残す。
 主語が同じ場合は消す。

3.否定語not、neverはingの前に残す。
 なければ3は飛ばします。

4.接続詞を用いた文の時制が1つ古い時は
 having + 過去分詞の形にする。

※時制が同じ場合は動詞を通常のing形(現在分詞)にする。

5.接続詞を用いた文が受動態の時は、
 (being) + 過去分詞の形にする。

※4と5両方に当てはまる時は
 (having been) + 過去分詞の形にします。

※受動態が絡んでいる場合(4と5)は
beingやhaving beenは省略できます。

上の手順を用いて以下の例文を分詞構文に書き換えてみましょう。

As the letter wasn't sent to her, she doesn't know the fact.
「その手紙が彼女に送られてこなかったので、彼女はその事実を知りません。」

1.接続詞Asを消します。

the letter wasn't sent to her, she doesn't know the fact.

2.主語が異なるので、the letterをそのまま残します。

The letter wasn't sent to her, she doesn't know the fact.

3.否定語notがあるので、そのまま(ingの前に)残します。

The letter not sent to her, she doesn't know the fact.

4+5.接続詞を用いた文の時制が1つ古く、
受動態になっているのでhaving been + 過去分詞の形を用います。

よって、分詞構文は以下のようになります。

The letter not having been sent to her, she doesn't know the fact.

接続詞にくっついた文のみを書き換えるので後ろの文はそのままです。

また、受動態の分詞構文では以下のように
「having been + 過去分詞」のhaving beenは省略できます。

The letter not sent to her, she doesn't know the fact.

よって、受動態の絡んだ分詞構文の時は上の文のように
現在分詞でなく過去分詞で始まることがあります。

分詞構文への書き換え(応用)の復習問題

問題.以下の文を分詞構文に書き換えなさい。

(1)If the letter isn't written in English, I can read it.

(2)Though he didn't like English ten years ago, he likes it now.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)The letter not being written in English, I can read it.
 「もしその手紙が英語で書かれていなければ、私は読むことができます。」

(2) Not having liked English ten years ago, he likes it now.
 「彼は10年前英語を好きでなかったけれど、今英語が好きです。」

(1)は、The letter not written in English, I can read it.
でも正解です。

分詞構文の訳し方(基礎)へ | 英文法解説[分詞構文]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ