助動詞 + 受動態

助動詞 + 受動態について解説します。

受動態の文は動詞の部分に「be動詞 + 過去分詞」という形を用い、
意味は「~される」や「~された」となります。

現在形や過去形の受動態の文は、以下の通りです。

Dinner is cooked by her.
「夕食は、彼女によって作られます。」

The car was bought by him.
「その車は、彼によって購入されました。」

ここで、「夕食は、明日彼女によって作られるでしょう。」
という未来形の受動態の文を考えてみましょう。

明日という未来のことを表すために助動詞のwillを用い、
その後ろに受動態の形「be動詞 + 過去分詞」を置きます。

そして、助動詞willの後ろは動詞の原形になるのでbe動詞はbeとなり、
受動態の形は「will + be + 過去分詞」となります。

よって、「夕食は、明日彼女によって作られるでしょう。」
という受動態の文は以下のようになります。

Dinner will be cooked by her tomorrow.

否定文や疑問文の作り方は、
助動詞を用いた能動態の文の場合と同じです。

よって、否定文は助動詞willの後ろにnotを付け、
以下のようになります。

Dinner will not be cooked by her tomorrow.
「夕食は、明日彼女によって作られない(でしょう)。」

will notの短縮形won'tを用い、
以下のように書くこともできます。

Dinner won't be cooked by her tomorrow.

疑問文は助動詞willを主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けて以下のようになります。

Will dinner be cooked by her tomorrow?
「夕食は、明日彼女によって作られるでしょうか。」

答え方はYesまたはNoとwillを用い、
以下のようになります。

Yes, it will.「はい、作られるでしょう。」

No, it won't.「いいえ、作られないでしょう。」

もう1つ、以下の文の受動態「be動詞 + 過去分詞」の前に
助動詞must「~にちがいない」を置おいた文を考えてみましょう。

The car is bought by him.
「その車は、彼によって購入されます。」

この文のis boughtの前にmustを置くと、
以下のようにisはbeとなります。

The car must be bought by him.
「その車は、彼によって購入されるにちがいない。」

助動詞の後ろの動詞は必ず原形なのでbe動詞は必ず原形のbeになり、
canやmayなど、どの助動詞でも受動態の形は
「助動詞 + be + 過去分詞」となります。

助動詞 + 受動態の復習問題

問題.以下の受動態の文を()内の助動詞を加えて書き換えなさい。

(1)The box is open by him.
  (may「~かもしれない」)

(2)The fruits are cut by him.
  (must「~にちがいない」)

(3)The house is bought by Ken.(will)

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)The box may be opened by him.
  「その箱は、彼によって開けられるかもしれない。」

(2)The fruits must be cut by him.
  「その果物は、彼によってカットされるにちがいない。」

(3)The house will be bought by Ken.
  「その家は、ケンによって購入されるでしょう。」

※助動詞の後ろに受動態を置く時、be動詞は必ず原形のbeです。

進行形の受動態へ | 英文法解説[受動態]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ