群動詞の受動態

群動詞の受動態について解説します。

まず、群動詞とは何か簡単に説明します。

buyなど多くの動詞は、1語である動作を表します。

これに対し、laugh at「~を笑う」や
speak to「~に話しかける」などのように
動詞が前置詞や副詞を伴って1つの動作を表すものが群動詞です。

実際に、以下の群動詞を用いた能動態の文を
受動態に書き換えてみましょう。

They laughed at me.
「彼らは、私のことを笑いました。」

この文で、笑われたのは私なので受動態の文では
I「私」を主語にし、動詞の部分を「be動詞 + 過去分詞」に変え、
受動態の文は以下のようになります。

I was laughed at by them.
「私は、彼らに笑われました。」

ここで、群動詞の受動態を作る時には1つ注意が必要です。

能動態では群動詞laugh atの後ろに目的語のmeが置かれていますが、
受動態の文ではmeは主語Iに変わり、atの後ろからなくなります。

ところが群動詞laugh atはlaugh atで1つの動作を表しているため、
atの後ろの目的語がなくなってもatを消さずに残します。

受動態の文を作る時にatを消さないように注意しましょう。

もう1つ、群動詞speak to「~に話しかける」を用いた
能動態の文を受動態の文に書き換えてみましょう。

A stranger spoke to me on the street yesterday.
「知らない人が、昨日その通りで私に話しかけてきた。」

この文の受動態は、以下のようになります。

I was spoken to by a stranger on the street yesterday.
「私は、昨日その通りで知らない人に話しかけられました。」

speak to「~に話しかける」は群動詞なので、
受動態の文でtoの後ろの目的語meがなくなっても
toを消さないので注意しましょう。

群動詞の受動態の否定文と疑問文の作り方は
通常の受動態の時と同じです。

否定文は、be動詞の後ろにnotを付けます。

よって、先ほどの2つの肯定文を否定文に書き換えると
以下のようになります。

I wasn't laughed at by them.
「私は、彼らに笑われませんでした。」

I wasn’t spoken to by a stranger on the street yesterday.
「私は、昨日その通りで知らない人に話しかけられませんでした。」

疑問文はbe動詞を主語の前に出し、
文末にクエッションマーク?を付けます。

よって、先ほどの2つの肯定文を疑問文に書き換えると
以下のようになります。

普通、自分に質問はしないので主語はyouに変えます。

Were you laughed at by them?
「あなたは、彼らに笑われましたか。」

Were you spoken to by a stranger on the street yesterday?
「あなたは、昨日その通りで知らない人に話しかけられましたか。」

群動詞の受動態を作るには、
群動詞をしっかり覚えておく必要があります。

以下はよく用いられる群動詞なので覚えておきましょう。

bring up 「~を育てる」
put off 「~を延期する」
look down on 「~見下す」
look up to 「~を尊敬する」
send for 「~を呼びにやる」
speak to 「~に話しかける」
look after「~の世話をする」
make fun of 「~をからかう」
make use of 「~を利用する」
speak ill of 「~を悪く言う」
speak well of 「~をよく言う」
take care of 「~の世話をする」

sponsored link

群動詞の受動態の復習問題

問題.以下の群動詞を用いた文を受動態に書き換えなさい。

(1)She takes care of him.

(2)Everyone looks up to him.
  ※everyoneは三人称単数です。

(3)They made fun of me.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)He is taken care of by her.
  「彼は、彼女によって世話をされています。」

(2)He is looked up to by everyone.
  「彼は、みんなに尊敬されています。」

(3)I was made fun of by them.
  「私は、彼らにからかわれました。」

※(1)のtake care of、(2)のlook up to、(3)のmake fun of
 のcare of、up to、fun ofの部分を消してはいけません。

by以外を用いる受動態へ | 英文法解説[受動態]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ