文型とは?

文型について解説します。

文型とは英語の文章を文の形で分類したもので、
英語の文型は5つあります。

ここではまず5つの文型について通して解説し、
次のページから5つの文型を1つずつ詳しく解説していきます。

5つの文型は、第1文型、第2文型と普通に数字で分類されています。

そして、文型を分類するために
以下の記号が用いられるので覚えておきましょう。

S:Subject(主語)
V:Verb(動詞)
O:Object(目的語)
C:Complement(補語)
M:Modifier(修飾語)

1.第1文型[SV]

第1文型は、以下の例文のように主語と動詞からなる文のことです。

He runs. 「彼は走る。」

しかし、主語と動詞のみからなる文というのはほとんどありません。

ほとんどの文は、以下のように後ろに副詞などの修飾語を伴います。

He runs fast.「彼は、速く走る。」

修飾語Mは文型を判断する要素には含まれません。

2.第2文型[SVC]

第2文型は、以下の例文のように
主語、動詞、補語からなる文のことです。

He is a doctor.「彼は、先生です。」

補語とは、主語を説明する言葉(名詞や形容詞)で、
「主語=補語(この場合He=doctor)」の関係が成り立ちます。

3.第3文型[SVO]

第3文型は以下の例文のように
主語、動詞、目的語からなる文のことです。

He plays soccer.「彼は、サッカーをします。」

目的語とは、動詞に対して「何を」するのかや
「誰に」するのかを表す言葉(名詞)で、
動詞の後ろに置かれます(この場合soccer)。

4.第4文型[SVOO]

第4文型は、以下の例文のように主語と動詞、
そして動詞の後ろに目的語を2つとる文のことです。

He gave me a present.
「彼は、私にプレゼントをくれた。」

第4文型の場合、第3文型と違い動詞の後ろに
「何を」するのかと「誰に」するのかという目的語を2つとります。

5.第5文型[SVOC]

第5文型は、以下の例文のように主語と動詞、
そして動詞の後ろに目的語と補語を1つずつとる文のことです。

He calls me Tom.
「彼は、私のことをトムと呼びます。」

第5文型は、まず動詞の後ろの「何を」に当たる目的語を1つとり、
その目的語の後ろに目的語を説明する補語を1つとります。

「目的語=補語(この場合me=Tom)」の関係が成り立ちます。

文型の復習問題

問題.第1文型~第5文型までを以下の記号を用いて表しなさい。

S(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)

第1文型:

第2文型:

第3文型:

第4文型:

第5文型:

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

第1文型:SV

第2文型:SVC

第3文型:SVO

第4文型:SVOO

第5文型:SVOC

第1文型[SV]へ | 英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ