第1文型[SV]

第1文型について解説します。

まず、第1文型に関係のある記号を確認しておきましょう。

S:Subject(主語)
V:Verb(動詞)
M:Modifier(修飾語)

第1文型は以下のように文を構成している主な要素が
主語と動詞のみからなる文で、記号を用いるとSVです。

He gets up.「彼は、起きる。」

しかし、主語と動詞のみからなる
第1文型の文というのはほとんどありません。

ほとんどの文は、以下のように後ろに
副詞(early)などの修飾語を伴います。

He gets up early.「彼は、早く起きる。」

この文では、earlyは「早く→起きる」
というように動詞gets upを修飾しています。

形容詞は「名詞」、副詞は「動詞、形容詞、副詞」
を修飾するので、修飾語と呼ばれ記号はMで表します。

修飾語は、文型を判断する要素には含まれません。

今度は以下の例文をみてみましょう。

A tall boy is in the park.
「背の高い少年が、公園の中にいます。」

この文も第1文型です。

この文では、A tall boy「背の高い少年」は
主語、isは動詞、in the parkは「公園の中に→いる」
と動詞を修飾している修飾語です。

A tall boyの形容詞tallは、
名詞boyを修飾している修飾語でもあります。

しかし、「(a) + 形容詞 + 名詞(この場合a tall boy)」という
部分はセットでも分けても文型は変わらないので通常セットにします。

ここで1つポイントがあります。

上の文のように文の後ろの方に動作を行う
場所や時刻を表している「前置詞 + 名詞」がある場合、
修飾語(M)とみなすことができます。

よって、以下のように長い文でも第1文型になります。

A tall boy was in the park at 3 p.m. yesterday.
「背の高い少年が、昨日午後3時に公園にいた。」

この文では、A tall boy「背の高い少年」は主語、wasは動詞です。

そして、in the park、at 3 p.m.、
yesterdayは「公園の中に→いた」、「午後3時に→いた」、
「昨日→いた」と全て動詞のwasを修飾している修飾語です。

文の後ろの方にある「前置詞 + 名詞」が
動作を行う場所や時刻を表している場合は修飾語なので、
文型を判断する要素から省くことができます。

第1文型[SV]の復習問題

問題.以下の第1文型の文の主語、動詞、修飾語を示しなさい。

(1)I get up at 6 a.m every day.

(2)We went to Kyoto last year.

(3)She lives in London.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)主語:I、動詞:get up、修飾語at 6 a.m.とevery day
   意味:「私は、毎日午前6時に起きます。」

(2)主語:We、動詞:went、修飾語to Kyotoとlast year
   意味:「私達は、去年京都に行きました。」

(3)主語:She、動詞:lives、修飾語in London
   意味:「彼女は、ロンドンに住んでいます。」

(1)のat 6 a.m.、(2)のto Kyoto、(3)のin Londonなど
「前置詞 + 名詞」が場所や時刻を表す場合は修飾語になります。

第2文型[SVC]へ | 英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ