第3文型[SVO]

第3文型について解説します。

まず、第3文型に関係のある記号を確認しておきましょう。

S:Subject(主語)
V:Verb(動詞)
O:Object(目的語)
M:Modifier(修飾語)

第3文型は以下のように主語、動詞、目的語からなる文で、
記号を用いるとSVOです。

He plays tennis.「彼は、テニスをします。」

この文でHeは主語、playsは動詞、tennisは目的語です。

主語は動作をする人や物を、動詞は主語が行う動作を表します。

そして、目的語は動詞の後ろに置かれ、
動作(動詞)の目的を表します。

日本語で「何(誰)を」や「誰に」にあたるものです。

上の例文でも、目的語のtennisは動詞のplay「~する」
に対して「何を」するのかと動作の目的を表しています。

have「持っている」、eat「食べる」、buy「買う」など、
全動詞の80%が目的語「~を」を後ろにとる第3文型を作る動詞です。

第2文型のように動詞が少なければ、
動詞でおおよその判断はできます。

しかし、第3文型を作る動詞は数え切れないほどあるので、
動詞を覚えておき第3文型だと判断することは不可能です。

よって、動詞の後ろに「何(誰)を」や「誰に」
に当たる目的語が1つあれば第3文型だと考えるのが
第3文型だと判断する簡単な方法です。

最後に1つ注意ですが、目的語になれる品詞は名詞だけです。

I have a car.「私は、車を持っています。」

I ate apples.「私は、りんごを食べました。」

I bought a house.「私は、家を買いました。」

これらの文の目的語a car、apples、a houseは全て名詞です。

他の品詞(動詞、形容詞、副詞など)は
目的語として用いることができないので注意しましょう。

また、第3文型は上で解説した例文のように
SVOだけで文が構成されているものだけではく、
文末に修飾語を伴うこともあります。

以下は、第3文型に修飾語yesterday「昨日」が付いた文です。

He played tennis yesterday.
「彼は、昨日テニスをしました。」

修飾語とは文中の形容詞や副詞で、
文型を判別する要素には含まれません。

この文のyesterdayは、
「昨日→した」と動詞playedを修飾している副詞です。

また、文中の「前置詞 + 名詞」が場所や時を
表している場合にも修飾語と考えることができます。

以下は、第3文型に「前置詞 + 名詞」が付いた文です。

He played tennis in the park.
「彼は、公園でテニスをしました。」

He played tennis in the morning.
「彼は、午前中テニスをしました。」

これらの文中のin the parkは「公園で→した」、
in the morningは「午前中→した」と動詞playedを修飾し、
副詞的な役割をしている修飾語となります。

毎回ここまで考える必要はなく、文中に「前置詞 + 名詞」があり、
それが場所や時を表している場合には修飾語とみなして大丈夫です。

修飾語(M)については以下のページで詳しく解説しています。

第1文型[SV]

sponsored link

第3文型[SVO]の復習問題

問題.以下の文の主語、動詞、目的語、修飾語を示しなさい。

(1)Ken speaks English.

(2)We enjoyed the party last Sunday.

(3)He studied English in the afternoon.

(4)She cooked lunch at her house yesterday.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)主語:Ken、動詞:speaks、目的語:English、修飾語:なし
   意味:「ケンは、英語を話します。」

(2)主語:We、動詞:enjoyed、目的語:the party、修飾語:last Sunday
   意味:「私達は、先週の日曜日にパーティーを楽しみました。」

(3)主語:He、動詞:studied、目的語:English、修飾語:in the afternoon
   意味:「彼は、午後英語を勉強しました。」

(4)主語:She、動詞cooked、目的語:lunch、修飾語:at her house、yesterday
   意味:「彼女は、昨日彼女の家で昼食を作りました。」

(3)のin the afternoon、(4)のat her houseは、
「前置詞 + 名詞」という形で場所や時を表しているので
修飾語(M)とみなすことができます。

また、(4)のように修飾語が2つ以上付く場合もあります。

目的語と副詞の違いへ | 英文法解説[文型]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ