目的語になる不定詞・動名詞・名詞節

不定詞、動名詞、名詞節は目的語になる
について解説します。

第3文型は、以下のように主語、動詞、目的語
からなる文(記号を用いるとSVO)のことです。

He likes dogs.「彼は、犬が好きです(犬を好む)。」

この文で、Heは主語、likesは動詞、dogsは目的語です。

主語は動作をする人や物を、動詞は主語が行う動作を表します。

そして、目的語は動詞の後ろに置かれ、
動作(動詞)の目的を表します。

日本語で「何(誰)を」や「誰に」にあたるものです。

上の例文でも、目的語のdogsは動詞のlike「好む」に対して
「何を」好むのかと動詞の目的を表しています。

そして、以下の第3文型の例文の目的語
(a car、apples、a house)をみても分かるように、
目的語として用いることができる品詞は名詞だけです。

I have a car.「私は、車を持っています。」

I ate apples.「私は、りんごを食べました。」

I bought a house.「私は、家を買いました。」

他の品詞(動詞、形容詞、副詞など)は
目的語として用いることができないので注意しましょう。

目的語になれるものは基本的に名詞ですが、
動詞が名詞の役割をする不定詞(名詞的用法)や
動名詞も目的語になることができます。

以下の例文をみてみましょう。

He likes to cook.「彼は、料理をすることが好きです。」

この文で、Heは主語、likesは動詞です。

そして、不定詞のto cook「料理すること」は「何を」好むのかと
動詞likeの目的を表しており、likeの目的語と言えます。

このように、動詞が名詞の役割を果たせる形である
不定詞の名詞的用法も動詞の目的語になることができます。

不定詞の名詞的用法については、以下のページで復習できます。

不定詞の名詞的用法

不定詞の名詞的用法には「to + 動詞の原形(~すること)」
という形の他に、「疑問詞 + 不定詞」という形もあります。

「疑問詞 + 不定詞」については、以下のページで復習できます。

疑問詞 + 不定詞

以下の例文もみてみましょう。

He knows what to do. 「彼は、何をすべきかを知っています。」

この文で、Heは主語、knowsは動詞です。

そして、「疑問詞 + 不定詞」のwhat to do「何をすべきか」
は「何を」知っているのかと動詞knowの目的を表しており、
knowの目的語と言えます。

このように、不定詞「to + 動詞の原形」の名詞的用法や
「疑問詞 + 不定詞」も動詞の目的語になることができます。

次に、以下の例文をみてみましょう。

He enjoyed cooking.
「彼は、料理をすることを楽しんだ。」

この文で、Heは主語、enjoyedは動詞です。

そして、動名詞のcooking「料理すること」は
「何を」好むのかと動詞enjoyedの目的を表しており、
enjoyedの目的語と言えます。

このように、動名詞も動詞の目的語になることができます。

動名詞については、以下のページで詳しく復習できます。

動名詞の形と意味

もう1つ、名詞節(文)も目的語になることができます。

節とは、主語と動詞の組からなる1つの文章です。

以下の例文をみてみましょう。

I know that he is rich.
「私は彼がお金持ちだということを知っている。」

この文には、まずI know「私は、知っている」という
部分に1つ主語(I)と動詞(know)からなる節があります。

そして、thatの後ろにhe is rich「彼はお金持ちである」という
部分にもう1つ主語(he)と動詞(is)からなる節があります。

このように、節という言葉は1つの文中に
2つ以上の主語と動詞の組がある時に用います。

よって、以下の文も主語(I)と
動詞(live)の組からなる1つの文章ですが、
主語と動詞の組が1つしかないのでこのような場合
節という言葉は用いません。

I live in Japan.「私は、日本に住んでいる。」

そして、最初の例文I know that he is rich.の
that he is rich 「彼はお金持ちである」という
節について詳しくみてみましょう。

この節(that以下)はknow「知っている」という
動詞に対し「何を」知っているのかを表しており、
knowの目的語になっていると考えられます。

目的語になることができるのは名詞だけなので、
目的語になれる節は名詞節ということになります。

よって、that he is richという節は名詞節で、
このように文章が動詞の目的語になることもあります。

この文中のthatは接続詞で、
「~ということ」という意味を持っています。

そして、接続詞thatが作る節はthat節と呼ばれます。

目的語になる不定詞・動名詞・名詞節の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳し、主語、動詞、目的語を示しなさい。

(1)I like to play soccer.

(2)I know what to buy.

(3)They enjoyed singing songs.

(4)He thinks that I am married.
  ※be married「結婚している」

(5)They believed that she was a singer.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)主語:I、動詞:like、目的語:to play soccer
   意味:「私は、サッカーをすることが好きです。」

(2)主語:I、動詞:know、目的語:what to buy
   意味:「私は、何を買うべきか(を)知っています。」

(3)主語:They、動詞:enjoyed、目的語:singing songs
   意味:「彼らは、歌を歌うことを楽しみました。」

(1)主語:He、動詞:thinks、目的語:that I am married
   意味:「彼は、私が結婚していると(いうことを)思う。」

(2)主語:They、動詞:believed、目的語:that she was a singer
   意味:「彼らは、彼女が歌手だということを信じていました。」

第4文型[SVOO]へ | 英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ