第5文型の補語になる現在分詞と過去分詞

第5文型の補語になる現在分詞と過去分詞
について解説します。

第5文型は、以下のように主語、動詞の後ろに目的語と
その目的語を説明している補語が置かれている文です。

We named our son Tom.
「私達は、息子をトムと名づけた。」

この文で、はWeは主語、namedは動詞、our sonは目的語、
Tomは目的語our sonを説明している補語です。

第5文型では「目的語=補語」の関係が成立し、
上の例文でも「our son=Tom」の関係が成り立っています。

補語になるものには名詞や形容詞の他に
原形不定詞、現在分詞、過去分詞などがあります。

ここでは、現在分詞と過去分詞が補語になる
場合について解説します。

まず、以下の例文をみてみましょう。

I heard him singing a song.
「私は、彼が歌を歌っているのを聞いた。」

この文でIは主語、heardは動詞、
himは動詞heardの目的語、singing a songは
目的語himを説明している補語です。

この文中で「him=singing a song(彼=歌を歌っている)」
という関係が成り立っており、
singing a songはhimを説明している補語となります。

次に、以下の例文をみてみましょう。

I heard him called by his mother.
「私は、彼が母親に呼ばれるのを聞いた。」

この文でIは主語、heardは動詞、himは動詞heardの目的語、
called by his motherは目的語herを説明している補語です。

この文中で「him=called by his mother(彼=母親に呼ばれる)」
という関係が成り立っており、
called by his motherはhimを説明している補語となります。

このように、現在分詞(この場合singing)と
過去分詞(この場合called)も補語になることができます。

補語として用いられる現在分詞と過去分詞も
see, hear, feelなどの知覚動詞や
have, make, letなどの使役動詞の後ろで用いられます。

現在分詞と過去分詞が第5文型の補語になる場合については、
以下のページで詳しく解説しています。

知覚[使役]動詞 + 目的語 + 現在分詞(目的格補語)

知覚[使役]動詞 + 目的語 + 過去分詞(目的格補語)

第5文型の補語になる現在分詞と過去分詞の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳し、
   主語、動詞、目的語、補語を示しなさい。

(1)I saw him playing tennis.

(2)I saw him hit by his friend.
  ※hitはhit「殴る」の過去分詞

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)主語:I、動詞:saw、目的語:him、補語:playing tennis
   意味:「私は、彼がテニスをしているのを見た。」

(2)主語:I、動詞:saw、目的語:him、補語:hit by his friend
   意味:「私は、彼が友達に殴られるのを見た。」

(1)は「him=playing tennis(彼=テニスをしている)」、
(2)は「him=hit by his friend(彼=友達に殴られる)」
という関係が成り立っています。

be動詞の現在形へ | 英文法解説[文型]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ