関係代名詞の種類

関係代名詞の種類と役割について解説します。

関係代名詞には以下のようなものがあります。

who, whom, which, whose, that

これら関係代名詞は、
接続詞と代名詞の働きをして形容詞節を導きます。

上の説明を読むと難しく感じますが、
2つの文を繋いで関係代名詞の前にある
名詞[先行詞]を修飾する節を作るということです。

これでも難しいかもしれませんね。

実際に、以下の例文をみてみましょう。

There is a boy who is running in the park.
「公園の中を走っている少年がいます。」

この文では以下の2つの文が関係代名詞whoにより繋げられおり、
関係代名詞whoは2つの文を繋ぐ接続詞の役割をしています。

There is a boy.「少年がいます。」

who[もとはHe] is running in the park.
「彼は、公園の中を走っています。」

また、who is running in the park.の部分は
a boyという名詞を後ろから修飾しています。

よって、関係代名詞whoの後ろの文は
形容詞(形容詞は名詞を修飾する)の役割をしている節
(主語と動詞の組からなる文)なので形容詞節となります。

ここでは関係代名詞は2つの文を繋ぎ、
関係代名詞の前にある名詞[先行詞]を修飾する節(形容詞節)
を作るものということを覚えておいて下さい。

次のページから実際に文の繋ぎ方や
訳し方について詳しく解説していきます。

関係代名詞の種類の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)That is a boy who can run very fast.

(2)She is a girl who came to my shop yesterday.

(3)There is a man who knows about the news.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「あれは、とても走ることができる少年です。」

(2)「彼女は、昨日私のお店に来た少女です。」

(3)「そのニュースについて知っている男性がいます。」

人で主格の関係代名詞whoへ | 英文法解説[関係代名詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ