人で主格の関係代名詞who

人で主格の関係代名詞whoについて解説します。

主格の関係代名詞はwho, which, thatで
文を繋ぐ時に名詞をこれらに置き換えるのですが、
whoは人の場合、whichは人以外で用います。

そして、thatは人と人以外の
どちらの場合でも用いることができます。

関係代名詞は2つの文を繋ぎ、
関係代名詞の前にある名詞[先行詞]を修飾する形容詞節を作ります。

まず、2つの文を繋ぐという部分について解説します。

2つの英文を関係代名詞を用いて繋ぐ手順は以下の通りです。

1.2つの文で同じ人または物を見つける。

この時、1つの文に2つ同じ人や物がある場合は
あいまいな方を選びます。

これについては人以外で目的格の関係代名詞which
のところで詳しく解説します。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

手順1で選んだ2つの名詞のうち、
修飾される名詞ではない方の名詞を関係代名詞に置き換えます。

手順1で選んだ名詞の中で
関係代名詞に置き換えなかったほうの名詞は
先行詞(修飾される名詞)と呼ばれます。

3.先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置く。

それでは、以下の2つの文を関係代名詞を用いて繋いでみましょう。

There is a boy.「少年がいる。」

He is running in the park.
「彼は、その公園の中を走っている。」

1.2つの文で同じ人または物を見つける。

1つ目の文のa boyと2つ目の文のHeが同一人物です。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

2つの文を繋ぐと日本語は
「その公園の中を走っている少年がいます。」となり、
修飾されている名詞はa boyなので
もう片方のHeを関係代名詞に置き換えます。

この時、Heは主語かつ人なので
主格で人の関係代名詞whoに置き換え、
2つ目の文はwho is running in the park.となります。

3.先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置く。

先行詞(修飾される名詞)a boy
の後ろに関係代名詞whoがくるように
who is running in the parkをそのまま繋げ、
2つの文を繋ぐと以下のようになります。

There is a boy who is running in the park.
「その公園の中を走っている少年がいます。」

関係代名詞を用いて繋げた文、
who is running in the park「その公園の中を走っている」
は先行詞a boyを修飾(説明)しています。

この場合、以下のようにwhoの代わりにthatを用いることもできます。

There is a boy that is running in the park.

主格の関係代名詞を用いて繋いだ文にはもう1つの形があります。

今度は、上の手順をもとに以下の2つの文を繋いでみましょう。

A boy is running in the park.
「その少年が公園の中を走ってる。」

He is holding a big tree.
「彼は、大きい木を抱えている。」

1.2つの文で同じ人または物を見つける。

1つ目の文のa boyと2つ目の文のHeが同一人物です。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

2つの文を繋ぐと日本語は、
「大きい木を抱えている少年が、その公園の中を走っている。」
となります。

そして、修飾されている名詞(先行詞)は「少年」なので、
もう片方のHeを関係代名詞に置き換えます。

この時、Heは主語かつ人なので
主格で人の関係代名詞whoに置き換えます。

よって、2つ目の文はwho is holding a big tree.となります。

3.先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置く。

先行詞(修飾される名詞)a boy
の後ろに関係代名詞whoがくるように
who is holding a big treeを繋げ、
2つの文を繋ぐと、以下のようになります。

A boy who is holding a big tree is running in the park.
「大きい木を抱えている少年が、その公園の中を走っています。」

関係代名詞を用いて繋げた文、
who is holding a big tree「大きい木を抱えている」
は先行詞A boyを修飾(説明)しています。

また、この場合以下のように
whoの代わりにthatを用いることもできます。

A boy that is holding a big tree is running in the park.

ここで、関係代名詞を用いて繋いだ
2つの文をもう1度みてみましょう。

最初の文はThere is a boyという文の直後に、
who is running in the parkという文を繋げました。

これに対し2つ目の文は、
A boy is running in the park.という文のboyとisの間に
who is holding a big treeという
もう1つの文が挿入された形になっています。

これは、先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置き、
関係代名詞でくっつけた文が後ろから先行詞を修飾するためです。

関係詞(関係代名詞や関係副詞)を用いて2つの文を繋いだ文は、
必ずこの2つのどちらかの形になります。

これは関係詞の基礎となるのでしっかり覚えておきましょう。

人で主格の関係代名詞whoの復習問題

問題.以下の2つの文を繋ぎ、日本語に訳しなさい。

(1)That is a man.
  He is interested in traveling abroad very much.

(2)The girl looked very glad.
  She heard the good news yesterday.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)That is a man who is interested in traveling abroad very much.
 「彼は、外国を旅行すること(海外旅行)に大変興味を持っている男性です。」

(2)The girl who heard the good news yesterday looked very glad.
 「昨日そのよい知らせを聞いた少女は、とても嬉しそうに見えました。」

(1)と(2)共にwhoの代わりにthatを用いることもできます。

人以外で主格の関係代名詞whichへ | 英文法解説[関係代名詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ