関係代名詞thatの特別用法[先行詞が人と人以外の時]

関係代名詞thatの特別用法について解説します。

通常、関係代名詞who, whom, which
の代わりにthatを用いることができますが、
関係代名詞thatしか用いることができない場合があります。

これは関係代名詞thatの特別用法と呼ばれ、
ここでは「先行詞が人と人以外の時」について解説します。

まず、以下の2つの例文をみてみましょう。

I saw a boy who was running in the park.
「私は、その公園の中を走っている少年を見ました。」

この文では、先行詞が人(boy)で主語になっているので
人で主格の時に用いる関係代名詞whoを用いています。

この場合、以下のようにthatを用いることもできます。

I saw a boy that was running in the park.

以下の文では、先行詞が人以外(dog)で
主語になっているので人以外で主格の時に用いる
関係代名詞whichを用いています。

I saw a dog which was running in the park.
「私は、公園の中を走っている犬を見ました。」

この場合、以下のようにthatを用いることもできます。

I saw a dog that was running in the park.

次に以下の例文をみてみましょう。

I saw a boy and a dog that were running in the park.
「私は、公園の中を走っている少年と犬を見ました。」

この文では先行詞が人と人以外(boyとdog)なので、
先行詞が人の場合に用いるwhoか
先行詞が人以外に用いるwhichか選ぶことができません。

よって、関係代名詞thatを用いなければなりません。

この場合who, whom, whichを
用いることができないので注意しましょう。

2つの英文を関係代名詞を用いて繋ぐ手順は以下の通りですが、
手順の2で該当する名詞をthatに置き換えます。

1.2つの文で同じ人または物を見つける。

1つの文に2つ同じ人や物がある場合はあいまいなほうを選びます。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

手順1で選んだ2つの名詞のうち、
修飾される名詞ではないほうの名詞を関係代名詞に置き換えます。

手順1で選んだ名詞の中で関係代名詞に置き換えなかった
ほうの名詞は先行詞(修飾される名詞)と呼ばれます。

3.先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置く。

関係代名詞thatの特別用法の復習問題

問題.以下の2つの文を繋ぎ、日本語に訳しなさい。

(1)There are a man and a dog.
  They are swimming in the pool.

(2)The girl and her cat are on the stage.
  I saw them yesterday.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)There are a man and a dog that are swimming in the pool.
  「(その)プールで泳いでいる男性と犬がいます。」

(2)The girl and her cat that I saw yesterday are on the stage.
  「私が昨日あった少女と猫が、(その)ステージの上にいます。」

先行詞が最上級で修飾される時はthatへ | 英文法解説[関係代名詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ