関係代名詞that[先行詞が最上級などで修飾されている時]

関係代名詞thatの特別用法について解説します。

通常、関係代名詞who, whom, which
の代わりにthatを用いることができますが、
関係代名詞thatが優先的に用いられる場合があります。

これは関係代名詞thatの特別用法と呼ばれ、
ここでは「先行詞が最上級などで修飾されている時」
について解説します。

「先行詞が最上級などで修飾されている時」は
who, whom, whichを用いることもできますが、
関係代名詞はthatがよく用いらます。

以下の例文をみてみましょう。

She is a woman whom I saw at the party.
「彼女は、私がそのパーティーで見た女性です。」

この文では先行詞が人(a woman)で
目的語になっているので人で目的格の時に用いる
関係代名詞whomを用いています。

この場合、以下のようにthatを用いることもできます。

She is a woman that I saw at the party.

次に以下の例文をみてみましょう。

She is the most beautiful woman that I saw at the party.
「彼女は、私がそのパーティーで見た最も美しい女性です。」

この文では先行詞the most beautifulが
最上級で修飾されているので関係代名詞that
が用いられています。

その他に、先行詞が序数、the only「唯一の」、
the very「まさに」、allなどで修飾されている場合は
関係代名詞thatがよく用いられます。

序数とは一番(the first)、二番(the second)、
三番(the third)など順番を表すものです。

以下に例文を参考にして下さい。

・先行詞が序数で修飾されている場合

He is the first person that came here.
「彼は、ここへ来た最初の人です。」

・先行詞がthe onlyで修飾されている場合

This is the only pen that I have.
「これは、私が持っている唯一のペンです。」

・先行詞がthe veryで修飾されている場合

It is the very book that I lost yesterday.
「それは、私が昨日なくしたまさにその本です。」

2つの英文を関係代名詞を用いて繋ぐ手順は以下の通りですが、
手順の2で該当する名詞をthatに置き換えます。

1.2つの文で同じ人または物を見つける。

1つの文に2つ同じ人や物がある場合はあいまいなほうを選びます。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

手順1で選んだ2つの名詞のうち、
修飾される名詞ではないほうの名詞を関係代名詞に置き換えます。

手順1で選んだ名詞の中で関係代名詞に置き換えなかった
ほうの名詞は先行詞(修飾される名詞)と呼ばれます。

3.先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置く。

関係代名詞thatの特別用法の復習問題

問題.以下の2つの文を繋ぎ、日本語に訳しなさい。

(1)All cars are very expensive.
  I want to buy them.

(2)That is the only girl in my class.
  She can play the piano.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)All cars that I want to buy are very expensive.
 「私が買いたいと思っている全ての車は、とても(値段が)高い。」

(2)That is the only girl that can play the piano in my class.
 「あれは、私のクラスでピアノを弾くことができる唯一の少女です。」

前に疑問詞のwhoなどがある時はthatへ | 英文法解説[関係代名詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ