前置詞 + 関係代名詞

前置詞 + 関係代名詞について解説します。

以下の2つの文を関係代名詞を用いて繋いでみましょう。

That is a house.
「あれは、家です。」

He lives in it.
「彼は、そこに住んでいる。」

2つの英文を関係代名詞を用いて繋ぐ手順は以下の通りです。

1.2つの文で同じ人または物を見つける。

この2つの文では、the houseとitが同じ物です。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

この2つの文を繋ぐと日本語は
「あれは、彼が住んでいる家です。」となり、
修飾されている名詞はthe houseのため
もう一方のitを関係代名詞に置き換えます。

itは目的語のため
人以外で目的格に用いる関係代名詞whichに置き換え、
2つ目の文はhe lives in whichとなります。

3.先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置く。

先行詞the houseの後ろに関係代名詞which
がくるように2つの文を繋ぐため以下のようになります。

That is the house which he lives in.
「あれは、彼が住んでいる家です。」

この場合は関係代名詞thatを用いて
以下のように書くこともできます。

That is the house that he lives in.

手順の2で関係代名詞の前に前置詞がある時は、
以下のように「前置詞 + 関係代名詞」を
先行詞の後ろに置いて2つの文を繋ぐことができます。

That is the house in which he lives.
「あれは、彼が住んでいる家です。」

この場合、前置詞のinはwhichの前に置かれるため、
liveの後ろには書かないので注意しましょう。

前置詞 + 関係代名詞を先行詞の後ろに置く時は
thatを用いることはできないので、以下は間違いです。

×That is the house in that he lives.

前置詞 + 関係代名詞の復習問題

問題.以下の2つの文を前置詞 + 関係代名詞
   の形を用いて繋ぎ、日本語に訳しなさい。

(1)The man is a famouse actor.
  I talked to him at the party.

(2)I cleaned the chair.
  I was sitting on it.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)The man to whom I talked at the party is a famouse actor.
  「私がそのパーティー駅で話しかけた男性は、有名な俳優です。」

(2)I cleaned the chair on which I was sitting.
  「私は、自分が座っていた椅子をきれいにしました。」

(1)はThe man (whom) I talked to at the party is a famouse actor.、
(2)はI cleaned the chair (which) I was sitting on.
と書くこともできます。

関係代名詞の継続用法へ | 英文法解説[関係代名詞]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ