関係副詞where

関係副詞whereについて解説します。

関係副詞は2つの文を繋ぎ、
関係副詞の前にある名詞[先行詞]を修飾する形容詞節を作ります。

そして、whereは先行詞が場所に関連する言葉
の時に用いる関係副詞です。

まず、2つの文を繋ぐという部分について解説します。

関係副詞を用いて2つの英文を繋ぐ手順は以下の通りです。

1.2つの文で同じものを表している言葉を見つける。

2.片方を関係副詞に置き換える。

手順1で選んだ2つの人または物のうち、
副詞である方を関係副詞に置き換えます。

もう一方は名詞です。

手順1で選んだ人または物のうち、
関係副詞に置き換えなかった名詞は
先行詞(修飾される名詞)と呼ばれます。

3.先行詞の後ろに関係副詞がくるように残りの文を置く。

それでは、以下の2つの文を関係副詞を用いて繋いでみましょう。

That is the place.
「あれは、その場所です。」

I lived there ten years ago.
「私は、10年前そこに住んでいました。」

1.2つの文で同じものを表している言葉を見つける。

1つ目の文のthe placeと2つ目の文のthereが、
同じ場所を表す言葉です。

2.片方を関係副詞に置き換える。

1で選んだthe placeとthereのうち副詞はthereです。

よって、thereを関係副詞に置き換えます。

ここで補足しておきますと、
副詞とは動詞、形容詞、副詞を修飾する品詞です。

この場合、there「そこに」は「どこに」
→「住んでいた」のかを表しており、
動詞のlivedを修飾している副詞です。

もう片方の名詞the placeが先行詞となり、
the placeは場所に関連する言葉なので
thereを関係副詞whereに置き換えます。

よって、2つ目の文はI lived where ten years ago.となります。

3.先行詞の後ろに関係副詞がくるように残りの文を置く。

先行詞the placeの後ろに関係副詞whereがくるように、
where I lived ten years agoと書き換えて繋げます。

よって、関係副詞whereにより2つの文を繋ぐと
以下のようになります。

That is the place where I lived ten years ago.
「あれは、私が10年前に住んでいた場所です。」

関係副詞whereを用いて繋げた文、
where I lived「私が住んでいた」は
先行詞the placeを修飾(説明)しています。

関係副詞のwhereは先行詞が場所の時に用いられ、
先行詞がplace「場所」の時は書かなくても推測できる
ことから以下のように省略されることもあります。

That is where I lived ten years ago.
「あれは、私が10年前に住んでいた場所です。」

以下のように先行詞がplace以外の時は、
記載しないと先行詞が何か分からなくなってしまうため、
通常省略されることはありません。

That is the house where I lived ten years ago.
「あれは、私が10年前に住んでいた家です。」

そして、以下のように
関係副詞whereは省略されることが多いです。

That is the house I lived ten years ago.
「あれは、私が10年前に住んでいた家です。」

関係副詞whereの復習問題

問題.以下の2つの文を繋ぎ、日本語に訳しなさい。

(1)That is the place.
  I really want to go there.

(2)The house was very small.
  I lived there when I was a child.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)That is the place (where) I really want to go.
  「あれは、私が本当に行きたい場所です。」

(2)The house (where) I lived when I was a child was very small.
  「私が子供の頃住んでいた家は、とても小さかった。」

※関係副詞whereは省略されることが多いです。

関係代名詞と関係副詞の違いへ | 英文法解説[関係副詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ