前置詞 + 関係代名詞 = 関係副詞

前置詞 + 関係代名詞 = 関係副詞
について解説します。

前置詞 + 関係代名詞については、
以下のページで詳しく解説しています。

前置詞 + 関係代名詞

なぜ前置詞 + 関係代名詞 = 関係副詞が成り立つのか、
以下の2つの文を繋ぎながら解説していきます。

That is the house.
「あれは、(その)家です。」

He lives there.
「彼は、そこに住んでいます。」

この2つの文で、1つ目の文のthe houseと
2つ目の文のthereが同じものです。

これら2つのうち、
副詞のthereを関係副詞whereに置き換えます。

そして、2つの文を繋ぐと以下のようになります。

That is the house where he lives.
「あれは、彼が住んでいる家です。」

次に、以下の2つの文を繋いでみましょう。

That is the house.
「あれは、(その)家です。」

He lives in it.
「彼は、そこに住んでいます。」

この2つの文では、1つ目の文の
the houseと2つ目の文のitが同じものです。

この2つは両方とも名詞なので片方を関係代名詞に置き換えます。

2つの文を繋いだ日本語は
「あれは、彼が住んでいる家です。」となり、
修飾されているのはthe houseなので
もう一方のitを関係代名詞whichに置き換えます。

そして、2つの文を繋ぐと以下のようになります。

That is the house which he lives in.
「あれは、彼が住んでいる家です。」

また、この文は前置詞 + 関係代名詞を用いて
以下のように2つの文を繋ぐことができます。

That is the house in which he lives.
「あれは、彼が住んでいる家です。」

ここで、この文を最初の関係副詞を用いた文、
That is the house where he lives.と照らし合わせてみると
「in which = where」であることが分かります。

よって、前置詞 + 関係代名詞 = 関係副詞
であるということが分かります。

前置詞 + 名詞は、文中で副詞の役割をすることがあり、
その場合には前置詞 + 名詞を関係副詞に置き換えることができます。

sponsored link

前置詞 + 関係代名詞 = 関係副詞の復習問題

問題.以下の2つの文を繋ぎ、日本語に訳しなさい。
  (1)関係代名詞、(2)は関係副詞を用いなさい。

(1)I visited the store.
  My friend works at the store.

(2)I visited the store.
  My friend works at the store.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)I visited the store which my friend works at.
 またはI visited the store at which my friend works.
  「私は、友達が働いているお店を訪れました。」

(2)I visited the store where my friend works.
  「私は、友達が働いているお店を訪れました。」

(1)と(2)共に、日本語訳は同じです。

前置詞 + 名詞を関係副詞に置き換えるへ | 英文法解説[関係副詞]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ