前置詞+名詞を関係副詞に置き換える

前置詞 + 名詞を関係副詞に
置き換える方法について解説します。

以下の2つの文を繋ぎながら解説していきます。

I remember the day.
「私は、その日のことを覚えています。」

I met him for the first time on the day.
「私は、その日彼に初めて会った。」

2つの文を繋ぐ手順は以下の通りです。

1.2つの文で同じものを見つける。

1つ目の文のthe dayと2つ目の文のthe dayが同じものです。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

2つの文を繋いだ日本語は、
「私は、初めて彼に会った日のことを覚えています。」
となるので1つ目の文のthe dayが先行詞となります。

よって、2つ目の文のthe dayを人以外で
目的格の時に用いる関係代名詞whichに置き換え、
2つ目の文は以下のようになります。

I met him for the first time on which.

3.先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置く。

先行詞である1つ目の文のthe day
の後ろに関係代名詞whichがくるように、
which I met him for the first time onと書き換えて繋げます。

よって、関係代名詞により2つの文を繋ぐと
以下のようになります。

I remember the day which I met him for the first time on.
「私は、彼に初めて会った日のことを覚えています。」

ここで、手順2で関係代名詞の前に前置詞がある場合は
前置詞 + 関係代名詞の形で文を繋ぐことができるので、
上の文は以下のように書くこともできます。

I remember the day on which I met him for the first time.
「私は、彼に初めて会った日のことを覚えています。」

手順1で同じものを選ぶ時に2つ目の文でthe dayではなく、
on the dayを選ぶとon the dayの部分は「その日に」→
「会った」と動詞を修飾しており、副詞の役割をしています。

そして、前置詞 + 関係代名詞は
関係副詞に置き換えることができるので、以下のように
on whichを関係副詞whenに置き換えることができます。

I remember the day when I met him for the first time.
「私は、彼に初めて会った日のことを覚えています。」

1語で場所や時を表す言葉は、there「そこで(に)」
とthen「その時(に)」くらいしかありません。

よって、副詞1語を関係副詞に置き換えるよりも、
前置詞 + 名詞を関係副詞に置き換えて文を繋ぐことがほとんどです。

sponsored link

前置詞+名詞を関係副詞に置き換える復習問題

問題.以下の2つの文を関係副詞を用いて繋ぎ、日本語に訳しなさい。

(1)The house is on the hill.
  My uncle lives in the house.

(2)I remember the day.
  My friend came to this city on the day.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)The house (where) my uncle lives is on the hill.
  「私の叔父が住んでいる家は、丘の上にあります。」

(2)I remenber the day (when) my friend came to this city.
  「私は、友達がこの街に来た日のことを覚えています。」

(1)は2つ目の文のin the houseをwhereに、
(2)は2つ目の文のon the dayをwhenに置き換えます。

※関係副詞のwhereやwhenは省略されることが多いです。

関係副詞whyへ | 英文法解説[関係副詞]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ