関係副詞why

関係副詞whyについて解説します。

関係副詞は2つの文を繋ぎ、
関係副詞の前にある名詞[先行詞]を修飾する形容詞節を作ります。

そして、whyは、先行詞が理由の時に用います。

理由を表す単語はreasonしかないので、
whyの先行詞は必ず(the) reasonになります。

しかし、先行詞がthe reasonだから必ず
関係副詞whyを用いるという訳ではなく、
関係代名詞whichを用いる場合もあるので注意しなければなりません。

それでは、以下の2つの文を繋ぎながら解説していきます。

This is the reason.
「これは、その理由です。」

I was late for it.
「私は、そのせいで遅れました。」

1.2つの文で同じものを見つける。

1つ目の文のthe reasonと2つ目の文のitが同じものです。

2.片方を関係代名詞に置き換える。

2つの文を繋いだ日本語は「これは、私が遅れた理由です。」となり、
修飾されている1つ目の文のthe reasonが先行詞となります。

よって、2つ目の文のitを人以外で
目的格の時に用いる関係代名詞whichに置き換え、
2つ目の文はI was late for whichとなります。

3.先行詞の後ろに関係代名詞がくるように残りの文を置く。

先行詞である1つ目の文のthe reason
の後ろに関係代名詞whichがくるように、
which I was late forと書き換えて繋げます。

よって、関係代名詞により2つの文を繋ぐと
以下のようになります。

This is the reason which I was late for.
「これは、私が遅れた理由です。」

ここで、手順2で関係代名詞の前に前置詞がある場合は
前置詞 + 関係代名詞の形で文を繋ぐことができるので、
上の文は以下のように書くことができます。

This is the reason for which I was late.
「これは、私が遅れた理由です。」

また、前置詞 + 関係代名詞は
関係副詞に置き換えることができるので、
for whichを先行詞が理由(the reason)の時に用いる
関係副詞whyに置き換えて以下のように書くこともできます。

This is the reason why I was late.
「これは、私が遅れた理由です。」

手順1で同じものを選ぶ時に2つ目の文で
itを選ぶとitは名詞なので関係代名詞whichを用います。

ところが、for itを選ぶとfor itの部分は
「そのせいで」→「遅れた」と動詞を修飾する
副詞の役割をしているので関係副詞whyに置き換えます。

1語で理由を表す言葉はないので、
前置詞 + 名詞(for itまたはfor the reason)
を関係副詞whyに置き換えます。

先行詞が理由the reasonだから
いつも関係副詞whyを用いるという訳ではなく、
関係代名詞whichを用いる場合もあるので注意しましょう。

そして、以下のように
関係副詞whyは省略されることが多いです。

This is the reason I was late.

sponsored link

関係副詞whyの復習問題

問題.以下の2つの文を繋ぎ、日本語に訳しなさい。
  (1)は関係代名詞、(2)は関係副詞を用いなさい。

(1)I don't know the reason.
  He was angry with me for it.

(2)I don't know the reason.
  He was angry with me for it.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)I don't know the reason (which) he was angry with me for.
 またはI don't know the reason for which he was angry with me.
 「私は、彼が私に怒っていた理由が分かりません。」

(2)I don't know the reason (why) he was angry with me.
 「私は、彼が私に怒っていた理由が分かりません。」

(1)は2つ目の文のitをwhichに、
(2)は2つ目の文のfor itをwhy置き換えます。

※目的格の関係代名詞which、
 関係副詞whyは省略されることが多いです。
 前置詞+関係代名詞の形(for which)になると省略できません。

関係副詞howへ | 英文法解説[関係副詞]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ