関係副詞の先行詞の省略

関係副詞の先行詞の省略について解説します。

まず、関係副詞whyで先行詞を省略する場合を解説します。

This is the reason why I was angry with him.
「これは、私が彼に怒っていた理由です。」

関係副詞whyの先行詞はthe reasonしかなく、
書かなくても分かるのでthe reasonは
以下のように省略されることがあります。

This is why I was angry with him.

関係副詞howの先行詞はthe wayしかありません。

そして、以下のようにhowの前に
先行詞the wayは書いてはいけません。

This is the way how I solve the problem.
「これは、私がその問題を解いた方法です。」

関係副詞howを用いた文はthe wayを消してhowだけ残すか、
howを消してthe wayだけ残して以下のようになります。

This is how I solve the problem.

This is the way I solve the problem.

whyとhowの先行詞の省略については、
以下のページで解説しています。

関係副詞why

関係副詞how

ここでは、関係副詞whereとwhenの先行詞を
省略することがあるということについて解説します。

以下の例文をみてみましょう。

This is the house where he lives.
「これは、彼が住んでいる家です。」

この文のthe houseのように
先行詞が書かないと分からない場合には、
通常先行詞は省略しません。

ところが、以下のように先行詞が
the place「場所」の場合にはthe place
が省略されることがあります。

That is the place where I went last year.
「それは、私が去年行った場所です。」

関係副詞whereにより先行詞が場所を表すと分かるので、
the place「場所」は書かなくても意味が分かるため省略されます。

よって、上の文は以下のように書くこともできます。

That is where I went last year.

以下のような関係副詞whenを用いた文でも、
先行詞がthe time「時」の時には省略されることがあります。

I remenber the time when I met him for the first time.
「私は、初めて彼に会った時のことを覚えています。」

よって、この文はthe timeを省略して
以下のように書くこともできます。

I remenber when I met him for the first time.

これは、関係副詞のwhenが「時」という意味を持っており、
書かなくても分かるので省略されることがあります。

その他のwhereやwhenの先行詞は、
前後の文から明らかに分かる場合を除いて
省略されることはまずありません。

sponsored link

関係副詞の先行詞の省略の復習問題

問題.以下の2つの文を繋ぎ、日本語に訳しなさい。
   先行詞を省略した形で書きなさい。

(1)I don't know the place.
  She put her wallet there.

(2)I remenber the time.
  He stayed in Paris then.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)I don't know where she put her wallet.
  「私は、彼女が財布を置いた場所をしりません。」

(2)I remenber when he stayed in Paris.
  「私は、彼がパリに滞在していた時のことを覚えています。」

(1)のthe place、(2)のthe timeは省略することができます。

関係副詞whenの注意すべき表現へ | 英文法解説[関係副詞]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ