複合関係詞の種類

複合関係詞について解説します。

複合関係詞とは
関係代名詞や関係副詞にeverが付いたもので、
複合関係代名詞と複合関係副詞があります。

複合関係詞は関係代名詞や関係副詞とは異なり、
先行詞を修飾するというものではなく
それぞれ意味をもち名詞節や副詞節を作ります。

※節とは主語と動詞の1組からなる文章です。

複合関係詞には以下のようなものがあり、
意味も合わせて記載しておきます。

・複合関係代名詞

whoever ~
「~する人は誰でも」「誰が~しても」

whomever ~
「~する人誰にでも」「誰に~しても」

whichever ~
「~するものはどちらでも」「どちらが~しても」

whatever ~
「~するものは何でも」「何が~しても」

・複合関係副詞

whenever ~
「~する時はいつでも」「いつ~しようとも」

wherever ~
「~するところはどこでも」「どこで~しようとも」

however ~
「どんなに~しようとも」

複合関係詞は節を導くので
以下の例文のように複合関係詞の後ろには
主語と動詞の組が置かれます。

You can take whichever you like.
「あなたは、好きな方どちらでも取ることができます。」

Whichever、Whateverは主語の代わりにもなるので、
後ろに動詞のみ置かれることもあります。

Whichever wins, I will be glad.
「どちらが勝っても、私は嬉しいです。」

Whoeverは主語として用いるので後ろには動詞のみがきます。

Whoever said so, I don't believe it.
「誰がそう言っても、私はそれを信じません。」

次のページからこれらの複合関係詞
について1つずつ詳しく解説していくので、
ここでは複合関係詞の種類と意味を覚えておいて下さい。

sponsored link

複合関係詞の種類の復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)Whoever comes first, I will give it.

(2)Whichever you choose, you will be satisfied.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「誰が最初に来たとしても、私はそれをあげるでしょう。」

(2)「どちらを選んだとしても、あなたは満足するでしょう。」

複合関係代名詞whoeverへ | 英文法解説[複合関係詞]へ戻る

通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ