複合関係代名詞whoever

複合関係代名詞whoeverについて解説します。

複合関係代名詞whoever ~ には、
「~する人は誰でも」と「誰が~しても」
の2つの意味があります。

whoeverは疑問詞「誰」や
関係代名詞のwhoと同じく主語として用いられ、
後ろに動詞を置き節(主語と動詞からなる文)を作ります。

以下の例文をみてみましょう。

Whoever comes is welcome.
「来る人は誰でも、歓迎します。」

このようにWhoeverを
「~する人は誰でも」と訳す時は、
名詞節を導き、文中で主語や目的語になります。

上の文ではwhoever comesが節で、
この部分が名詞の役割(主語になる)
をしているので名詞節となります。

次に以下の例文をみてみましょう。

Whoever comes to the party, he will be pleased.
「誰がそのパーティーに来たとしても、彼は喜ぶでしょう。」

このようにWhoeverを「誰が~しても」と訳す時は、
副詞節を導き、文中でもう1つの節の動詞を修飾します。

上の文のwhoever comes to the partyという節は、
「誰が来たとしても」→「喜ぶでしょう」と動詞を修飾する
副詞の役割をしているので副詞節となります。

「誰が~しても」は、譲歩の意味とも言われます。

譲歩を表す場合は、以下のようにwhoeverを
no matter whoに書き換えても同じ意味を表します。

No matter who comes to the party, he will be pleased.
「誰がそのパーティーに来たとしても、彼は喜ぶでしょう。」

名詞節や副詞節、譲歩というところまでは覚える必要はないので
whoeverの後ろに動詞がくるという形と意味を覚えておきましょう。

複合関係代名詞whoeverの復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)Whoever says so is not honest.

(2)Whoever says so, it is not true.
  = No matter who says so, it is not true.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「そう言う人は誰でも、正直ではない。」

(2)「誰がそう言ったとしても、それは本当ではない。」

複合関係代名詞whichever | 英文法解説[複合関係詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ