複合関係代名詞whichever

複合関係代名詞whicheverについて解説します。

複合関係代名詞whichever ~ には、
「~のものはどちらでも」と「どちらが~しても」
の2つの意味があります。

whicheverは、疑問詞「どちら」や関係代名詞の
whichと同じく主語や目的語として用いられます。

以下の例文をみてみましょう。

You can take whichever you like.
「あなたは、好きな方どちらでも取ることができます。」

この文中で、whicheverはlikeの目的語
(動詞の後ろで「~を」や「~に」を表す名詞)
として用いられています。

また、Whicheverが「~のものはどちらでも」
という意味で用いられる時は名詞節を導き、
文中で主語や目的語(この場合takeの目的語)になります。

上の文ではwhichever you likeが節で、
この部分が名詞の役割(目的語になる)
をしているので名詞節となります。

以下の例文のように、
whicheverの後ろに名詞が置かれることもあります。

You can take whichever seat you like.
「あなたは、好きな方の席どちらでも取ることができます。」

次に以下の例文をみてみましょう。

Whichever wins, he will be satisfied.
「どちらが勝ったとしても、彼は満足するでしょう。」

この文で、whicheverはwinsの主語として用いられています。

また、Whicheverが「どちらが~しても」という
意味で用いられる時は副詞節を導き文中で動詞を修飾します。

上の文ではWhichever winsという節は、
「どちらが勝ったとしても」→「満足するでしょう」と
動詞を修飾する副詞の役割をしているので副詞節となります。

「どちらが~しても」は、譲歩の意味とも言われます。

譲歩を表す場合は、以下のようにwhicheverを
no matter whichに書き換えても同じ意味になります。

No matter which wins, he will be satisfied.
「どちらが勝ったとしても、彼は満足するでしょう。」

複合関係代名詞whicheverの復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)You can choose whichever you want.

(2)Whichever way you go, you will get to the libraly.
  = No matter which way you go, you will get to the libraly.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「あなたは、欲しい方どちらでも選ぶことができます。」

(2)「あなたはどちらの道を行ったとしても、図書館に着くでしょう。」

複合関係代名詞whatever | 英文法解説[複合関係詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ