複合関係代名詞whatever

複合関係代名詞whateverについて解説します。

複合関係代名詞whatever ~ には、
「~のもの(こと)は何でも」と
「何が(を)~しても」の2つの意味があります。

whateverは、疑問詞「何」や関係代名詞のwhatと
同じく主語や目的語として用いられます。

以下の例文をみてみましょう。

I don't like whatever he does.
「私は、彼がすることは何でも気に入らない。」

この文でwhateverはdoesの
目的語として用いられているので、
whateverの後ろには主語 + 動詞が置かれます。

また、Whateverが
「~のもの(こと)は何でも」という意味で用いられる時は、
名詞節を導き文中で主語や目的語になります。

上の文ではwhatever he doesが節となり、
この部分が名詞の役割(目的語になる)
をしているので名詞節となります。

次に、以下の例文をみてみましょう。

Whatever he says, I will do it by myself.
「彼が何を言っても、私は一人でそれをします。」

このようにWhateverが
「何が(を)~しても」という意味で用いられる時は、
副詞節を導き文中で動詞を修飾します。

上の文でWhatever he saysという節は、
「彼が何を言っても」→「する」と動詞を修飾する
副詞の役割をしているので副詞節となります。

「何が(を)~しても」は、譲歩の意味とも言われます。

譲歩を表す場合は、以下のようにwhateverを
no matter whatに書き換えても同じ意味を表します。

No matter what he says, I will do it by myself.
「彼が何を言っても、私は一人でそれをします。」

複合関係代名詞whateverの復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)He can get whatever he wants.

(2)Whatever you give, she will be pleased.
  = No matter what you give, she will be pleased.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「彼は、欲しいものは何でも手に入れることができます。」

(2)「あなたが何をあげたとしても、彼女は喜ぶでしょう。」

複合関係副詞wheneverへ | 英文法解説[複合関係詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ