複合関係副詞whenever

複合関係副詞wheneverについて解説します。

複合関係副詞whenever ~ には、
「~する時はいつでも」と「いつ~しても」
の2つの意味があります。

wheneverによって導かれる節は副詞節となり、
文の形は「whenver + 主語 + 動詞 + (~)」となります。

副詞節とは、動詞を修飾する文のことです。

以下の例文をみてみましょう。

Please ask me whenever you have a question.
「質問があるは時いつでも、私に尋ねてください。」

この文で、whenever you have a questionの部分は
「質問のある時に」→「尋ねる」と動詞を修飾
(副詞の役割)している節なので副詞節となります。

また、「~する時はいつでも」と言う意味で用いる時は、
以下のようにwheneverをat any time whenに置き換える
ことができます。

Please ask me at any time when you have a question.
「質問があるは時いつでも、私に尋ねてください。」

次に、以下の例文をみてみましょう。

Whenever I visit his house, he goes out.
「私がいつ彼の家を訪ねても、彼は外出しています。」

この文で、whenever I visit his houseの部分は
「彼の家を尋ねると」→「外出している」と動詞を修飾
(副詞の役割)している節なので副詞節となります。

また、「いつ~しても」と言う意味で用いる時は、
以下のようにwheneverをno matter whenに置き換える
ことができます。

No matter when I visit his house, he goes out.

複合関係副詞wheneverの復習問題

問題.以下の文を日本語に訳しなさい。

(1)She is busy whenever he calls her.
 = She is busy at any time when he calls her.

(2)Dinner will be prepared whenever you come home.
 = Dinner will be prepared no matter when you come home.

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)「彼が彼女に電話する時いつでも、彼女は忙しい。」

(2)「あなたがいつ家に帰ってきても、夕食は用意されているでしょう。」

複合関係副詞whereverへ | 英文法解説[複合関係詞]へ戻る

sponsored link


10倍速で英語を話せるようになる英会話マスター脳セミナー

このページの先頭へ