命令文の基礎

通常の命令文と禁止の命令文について解説します。

命令文は、目の前にいる人(または人達)
に何かをするように命令する時に用い、
文は動詞の原形で始まり意味は「~しなさい」となります。

以下の文は、通常の文です。

You speak English here.
「あなたは、ここで英語を話します。」

この文は、あなたが「英語を話す」という事実を表しています。

この文で、Youを取ると以下のように命令文になります。

Speak English here.
「ここでは、英語を話しなさい。」

be動詞の場合も同じく、原形のbeで始まります。

Be careful.「注意しなさい。」

命令は目の前にいるYou(「あなた」や「あなた達」)にするもので、
動作を行う人(主語)が必ずYouなので書かなくても分かります。

よって、明らかに分かる主語Youは省略され、命令文では書きません。

英語の文章の中でも一番簡単な文章なので
ほとんどの方が覚えていると思いますが、
命令文に主語がないのはこのような理由からだと言われています。

命令文の否定(禁止の命令文)は
一般動詞でもbe動詞でも動詞の前にDon'tを置き、
意味は「~するな」「~してはいけない」となります。

Don't run in this room.
「この部屋の中では走ってはいけない。」

Don't be noisy. 「騒がしくしてはいけない。」

命令文の否定(禁止の命令文)は、
以下のように助動詞mustの否定must not
(省略形はmustn't)と同じような意味になります。

You musntn't run in this room.
「(あなたは、)この部屋の中では走ってはいけない。」

You mustn't be noisy.
「(あなたは、)騒がしくしてはいけない。」

禁止の命令文では、Don'tの代わりに
Never「決して(絶対に)~ない」を置くと禁止の意味が強まり
「絶対に~してはいけない」という意味になります。

Never run in this room.
「絶対にこの部屋の中で走ってはいけない。」

Never be noisy.
「絶対に騒がしくしてはいけない。」

命令文の基礎の復習問題

問題.以下の日本語の意味になるように英文を作りなさい。

(1)「毎日英語を勉強しなさい。」

(2)「正直になりなさい。」 ※honest「正直な」

(3)「その箱を開けてはいけない。」

(4)「絶対にその箱を開けてはいけない。」

答えは

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

 ↓ 

【解答】

(1)Study English everyday.

(2)Be honest.

(3)Don't open the box.

(4)Never open the box.

依頼や勧誘の命令文へ | 英文法解説[文の種類]へ戻る

sponsored link


通勤英語.comの会員になると、今なら
90分で身につける!英会話マスター脳を無料プレゼント!

このページの先頭へ